上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビートルストーリーのつづき

ジュージマーテインの彼らに対する印象はかなり清潔感に溢れており、当時はショッキングなヘアスタをしていた。

でも最も魅力なとこは彼らの人の注意を引くパーソナリテイーだった

意気投合したあとジョージハリスンがしきりに喋っていた、

そして62年11月には、4回目のハンブルグ公演に行き、セカンドシングルのために帰国し、またハンブルグへと戻った

スタークラブで一年を終える。290日のステージをこなした年だった。

10月4日に発表されたラヴミードーはEMIは何の宣伝もしなかった、マネージャーが自腹で買い取ったおかげで17位になる。

またプレス数も少なく地元のリバプールがほとんどの売り上げを収めていた。

レコード会社も制作出版社も援助は無しだったのでブライアンエプスタインは不満に思い

出版社をアメリカの会社に変えようと主張したが、上手くジョージマーテインに言われやめた。

つづく




今日のシンクは、ホラー心霊、幽霊恐怖
スポンサーサイト

テーマ : ビートルズ関連 - ジャンル : 音楽

<< ビートルストーリー12 | Home | ビートルストーリー10 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。