上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビートルストーリーつづき

ブライアンエプスタインはリヴァプールで家具チェーン店を経営している資産家の息子だった

この当時はネムズレコード店を任されており。ある時 数人のヤングがビートルズの
マイボニーを買いにきた。

在庫は無かったが耳慣れぬグループに興味を持ち、近くのキャバーンクラブで
ビートルズのライヴを観て一目ぼれする。

幾度となくキャバンに通い12月3日に彼らを事務所に招いてマネージメントを申しこんだ

12月10日に仮契約、翌年の1月24日に正式契約をした。

そして地方のレコード店オーナーの肩書きが有効に作用する。

1月1日デッカレコードでオーデションを受ける。

初のレコード会社オーデションとあって、ビートルはあがりまくって実力を発揮出来なかったが、

担当者の反応は良く 期待をしてたが3月に来た通知は不合格だった。

これでデッカレコードは一生悔やむことになる。 つづく***

スポンサーサイト

テーマ : ビートルズ関連 - ジャンル : 音楽

<< ビートルストーリー6 | Home | ビートル スト-リー4 ビートルズ とデヴュー前の録音 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。