上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BBA 73年4月7日 Rochester,NY People Get Ready です。

BBA 4/7


73年には、初来日を果たすBBA!その数週間前のニューヨークでのライブ!
イギリスのライブよりアメリカの方が手抜きが少ないのは知っていますよね!

音質はまあまあで決してよくは無いですが、全然悪くないと言うよく分からないですが。大丈夫!ちゃんと全部の楽器と歌は聞えます。

会場側のMCから始まります。歓声が響く中、ドラムがチューニングして#1 迷信が始まります。

ノリもいいけど客のどよめきが記録されてて臨場感があります。

少し遠目のオーディエンスですね!

歌が割りとカッコよく決まっていますし、ギターソロもノリノリでいいです。ギターは他の楽器に埋もれがちかな!

でも聞えます。

デンディングのドラムのフィルはカッコイイ!
終わってジェフがMCを結構喋っている!!

何時ものエイントスーパーステーションのイントロを1回して、カーマインが即コール&レスポンス

#2 Livin, Alone
イントロの後のリフはコードが間違っているものの、まあセーフってところかな
しかし、演奏が途切れたりします。ギターを弾いていない!!

ますます演奏慣れしてきたこの曲、ブレイクもバッチリでギターソロも中々凄く、ベースの恐ろしいコード弾きもあったり、とにかく凄い演奏が記録されたいる、このテイク!

ブギーらしさが堪能でき、スピーディーさも増しています。メドレーで何時もの今宵は君と!が始まります。
スライドギターも冴え渡りなかなかにお好演ですね!心地良いディストーションの効いたギターも聞きやすくOK

オブリやフィルも外し!が少なくいい!2回目のソロもじっくりと弾いています。2間クロマチックの上昇フレーズも決まっています。

そして、ピープルゲットレディーこれも何時もと同じテンションですが、音圧のある演奏でもあります。
実に、ドラマチックに終わり大喝采を浴びます。

#3 Lady
ツアーでいつもプレイしている曲は、回数を重ねるごとに、まとまりはもちろんの事、遊びをする余裕まで出てきます。
そんなこんなで、この曲もボルテージが増して凄くなっていきます。

イントロの決まり、入るタイミングもバッチリ!
バスドラも何時もと違う入り方!しかしハーモニクスは、またトチリです。

歌が始まると、良い感じで演奏自体が流れて行きますね。

そしてギターソロはもう爆発しています。こうでなくちゃ!

もちろん手癖のオンパレードなんですが!

2回目のソロもカッコイイトーンのギターですが、またもやハモニクス外しが聞けます。

フィルの数の多い事ギターが唸っています。
そしてエンディングのドラムもバカスカ叩きまくり、そのバックのギターもギンギンで早弾きが聞けます。

力の入った場面でリフを叩きつけて終わります。



ヤフーオークションです。ジェフベックブートレグ、コレクターズCDはいやほどあります。
興味のある方は、ジェフ ベック又は、jeff beck、BBA(これは、あまり無い)などで検索してみてください。↓




今日のリンク、身長を延ばすサプリメント!
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

<< BBA 73年4月7日 Rochester,NY People Get Ready 2 | Home | BBA 1973年2月16日 ロンドン Imperial College of Printing パート4 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。