上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BBA 1973年2月16日 ロンドン Imperial College of Printing パート4

前回のつづき!

#3 Plynth~Shotgun

アンコールですね!ぼそぼそ喋るのはジェフかな!
チューニングがあって、バスドラがドンドンなって、リフが入ります。そして鉄骨のベースが入り、グッと音圧が出ててカッコよくなります。

もうお馴染みの曲で、いつも出てきます。

少しピッチが揺れます。

ブレイクがふんだんに入り、突然嵐の如く、ジェフが狂いまくります。ここ凄いけどちょっとだけ!
で、すぐにショットガンになり、コード弾きのジェフも小指で7th、9thなど引っ掛けてコードのテンションを上げたりしています。

そして、手癖一発のソロがガンガン聞けます。ベースのドライブ感がライブごとにドンドン増えていきます。

そして、だらだらと演奏がつづきます。この辺はドラムソロに近い!そしてブレイク!手拍子が鳴り響く!

そしてテーマに(プリンス)もどります。

歌のバックのベースがこれまたすげェー!

ブライク後に、ファンキーになり暴れまくり終わります。

#4 People get ready

フェイドアウトしてフェイドイン!恐らく直ぐにアンコール2に答えなかったのでしょう。
ジェフはイントロを弾き出しますが、いかんチューニングが狂いすぎ!

もう一度、やります。
出始めがこけます。暫らくイントロの繰り返し!

歌が始まります。バラードって感じがしますよね!カーマインでしょうか!ガンバレ!熱唱してくれ!

そして、軽く演奏して、タメがあってエンディングへ行きます。おわり

そして

#5 Oleo
これは、カクタスの曲でしたか!良く知りませんが!そうなんでしょう。

ブギーのリズムで3コードに毛の生えたような曲。
カーマインとティムは、得意げにボコボコに演奏しています。そいりゃそうだろう!自分達の曲だもんな!

ソロもありますね!結構!上から下までネックを横断しているのが分かる!
割と手癖なのに、カッコよく決めています。

歌もある曲やったんですね!歌が聞こえます。手拍子もノリノリ!

ピタッととまり、おっ!ドラムソロか?
いや違う!即興でやっている!ブレイクありと結構楽しいテイクでした。

終わります。アナウンスが入りますね!
つづく


ブックサービスです。興味のある方は、是非!覗いてみてください。↓
ブックサービス

今日のリンクは、潤う乾燥肌の石けん
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

<< BBA 73年4月7日 Rochester,NY People Get Ready ブートレグ | Home | BBA 1973年2月16日 ロンドン Imperial College of Printing パート3 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。