上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BBA 1973年2月16日 ロンドン Imperial College of Printingライヴブート パート2です。

#4 Lady
もうなれたこの曲は、今回は凄い!いきなりギターがカッコイイ!
ベースも遊びがあってナイス!ジェフ君、手癖丸出しですが、なかなかハードに決めています。

バスドラがチト違うのが、またいい

ブレイクもバッチリ決まっています。ソロは直ぐに早引きでグイグイ飛ばしています。

そして、ぶっ飛びのエコーがガンガンかかって、凄い事になっています。

ベースがまた、やたらワイルドで、もうカッコイイのです。
からむギターが霞む位、ブイブイいわすティム!カッコいいぞ!

ギターも負けじと、応戦する!これぞBBAハードブギーバンド!

ブレイク後、ハーミニクを出すジェフ、負けじとコール&レスポンスでベースもハーモニクスで応戦!

ドラムもいきなりグルーヴをがらっと変えてくる。

このテイクは、当たりです。

最後の場面は、ドラムがドタバタしてるがジェフが決めてくれました。

それにしてもエンディングは長いですし、ぶっ飛びモノです。まあ多少ずれてる部分はありますが!そんな事ビビタルもん。

#5 morning dew
良い曲です。何時聞いても!

全曲でぶち切れたのか、凄い演奏が聞けます。出だしはおとなしく良い子でいますが・・・・

ベースとドラムがおとなしいとジェフもおとなしい
そしてギターのリフが入ってから、だんだんヘヴィーになっていく!

なぜか歌に深いリヴァーヴが、会場のまんまなのか、後でなんやかんやエフェクトそたのか?

ベースとギターの掛け合いが始まります。凄まじい!

そして、例によって、ドラムソロ~~~~メリーさんの羊がドラムソロで出てきます。

この間、ジェフは裏でビールを飲んでいる。

退屈なドラムソロが終わり、再び始まると!凄いサウンド!ベースが暴れまわる!!

つづく


パイオニア レコード プレイヤーです。
興味のある方は、是非!覗いてみてください。↓
9420円


今日のリンクは、男の体臭対策
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

<< BBA 1973年2月16日 ロンドン Imperial College of Printing パート3 | Home | BBA 1973年2月16日 ロンドン Imperial College of Printingライヴブート >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。