上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、BBA ブート73年2月16日ロンドンライヴです。

IMG_8596.jpg


そして73年の正月に餅食って過ごしたかは知りませんが、ジェフ、今度はロンドンでライヴをしたんですね!
まあそれまでどこかでライヴしていたようですが、ブートが無いので分かりません。

で、音質はいいです。でもこの音質と言うのも人それぞれで、なんとも言えませんよね!
でも、聞きやすいので良いです。

会場の誰かのMCから始まります。多少客が騒いでいます。
あの、いい加減なオフィシャル録音も終わり、このテイクはオフィシャルと同じ始まりからです。

#1 迷信
銅鑼(ドラ)から始まり、ださいチョーキングが入り、少し中途半端なファンキーなイントロが出てきます。
だんだん早くなる、

これもベースが凄いし、でかい音、さて今日のジェフはどう立ち向かうのか?

ベースが出ると音圧が下がりギターが奥に引っ込みます。
スタジオでもベースの音のデカさがたたり、特注のベーアンを作ったというぐらい、でかい音だったんでしょう。

でもね、3人が音を出した時に起こるケミストリーは凄い!どんどんハードになるBBA
もっともっとハードに決めてくれ!

歌は遠い!ギターはくっきりと聞こえます。
ブレイクのギターはうねっていて凄いけど、その後のギターカッティングはダサいぜ!

そして、短いけどギターソロは、2音チョーキング!出だしは良い音で決めているが、その後の短いチョーキング連発はよろしくない。

まあどちらかと言うとリフで成り立っている曲なんで、仕方ないよね!


#2 Livin' Alone
まあまあのイントロ!ブレイクだらけの曲ですが、このテイクは遊びが多くて聞いていておもろいし楽しい!
つっかかりながら進行していく。

あんまりにもギターのヴォリュームをいじくるので、音の強弱が出来すぎておかしいよ!

でもベースがノリノリでいいよね!
サビはカッコよくハード!

そして、ブレイク後のドラム、もたっている、オモロイ!
ベースのフィルもオモロイ!そして問題のギターソロは!

ミュートかい!それも同じフレーズ3連発!もう少しメロを弾いてくれ。
良く歪んだ音はいいですよ!割と乗ってるギターソロ

一瞬、音がダウン(テープのせい)ノイズもでてきはる!

歌のバックで、好き勝手なフレーズが飛び出してくるところは、楽しい!

ブレイク後のギターは、オフィシャル同様ワウワウペダルで弾いてますな。

メドレーで、
#3 I'm so Proud
入り際後のベースが、何時もと違う!良い味だしてるね

絡むギターリックスもなかなか良いものがあるが、いかんせん又もや音がダウンする。

スライドギターソロ、少しメロディアス!でもまた音がダウン!エkォーもガンガン効かせたソロ!

バラードなんで、コードも多いので自然にメロディーが出てくるのか、それともメロが乗せやすいのか?

まあ、聞けるテイクですね!

ベースがうなり、ギターは宙を舞う!ちょっとカッコよく言い過ぎたかな!

つづく

パイオニア レコード プレイヤーです。
興味のある方は、是非!覗いてみてください。↓
9420円


今日のリンクは、男の体臭対策
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

<< BBA 1973年2月16日 ロンドン Imperial College of Printing パート2 | Home | Beck Bogert & Appice オフィシャル2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。