上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
72年10月8日ベルギー でのライブ2です。

72年10月8日ベルギー 3

今日は #3 Plynth~shotgunです。
相変わらずベースソロ入りのテイクで始まりはギターからです。すぐにブレイクがありベースとギターのコール&レスポンスがいいです。

ティムがベースチョーキングしてたらジェフも同じようにチョーキングをして見計らってガツンと皆が入って行くところがあって、なかなか聞かせてくれます。

そしてギターソロも少しながら渋いフレーズと心地良い歪んだ音で割りといいですね!
プリンスが一回りして直ぐにshotgunには入ります。

2人が歌います。そんでギターソロ、出だしがいいけどすぐにポシャッてしまいポカンと穴が開いたように何をするでもなく次のフレーズを搾り出そうとしているのが良く分かりますね。

ワンコードで弾きまくるベースにあやかってジェフは猛スピードでギターソロを叩き付けて来ます。
そんで、すぐベースだけになり お楽しみのベースソロです。

野太いサウンドのベースは、もうギターのように弾かれています。
話では、ティムはわざわざベースアンプを特注してプレイしてたとか!!聞いた事があります。

コード弾きから早引き、チョーキングとかまた音にディストーションがかかっており、凄まじいソロですよ。
ベースソロを弾きまくるロックベーシストなんてあんまりいませんよね!

また、ドラムとベースだけなら音外しもあんまり目立たないし気にならないですよね、でももう一つ音が入ってたりした場合きついのではないやろうか?

ロングトーンのベースとドラムがブイブイとソロを取り、途中にガバッとかゴギャーとか音が聴こえるのはギターなんでしょうか?ベースソロが途中に切れて終わり!クロスフェードしてまたプリンスが始まります。

カーマインもがんばって歌っています。
そしてブレイクと共にギターソロが再び、早弾きあっという間に次の曲!

Ladyです。手拍子が聴こえます。リードヴォーカルがいないバンドみたいに歌が始まります。変わったバンドやったんやなぁ!

ギターソロはというとミスがあるけど聞いたことの無いようなフレーズがでてきたりと耳がはなせません。
この曲はBBAでは目玉の曲なんでいつもプレイしていますね。

カッコイイハードロックです。

この曲は、コーラスもさることながらサビが結構好きですね!そしてスローになって再びリフが始まりカーマインのドタバタドラムが入ってきて、またまたギターソロ

もうこの辺は手クセでごまかしてるみたいです。そしてアームダウンして曲が終わります。こkでフェードアウト
つづく

パイオニアのヘッドフォンSE-MONITOR8です。
遮音性の高い密閉構造で、携帯性や機能性に優れた着脱式コードを採用
興味のある方は、是非!覗いてみてください。↓




今日のリンクは、育毛剤のりょうが 売れています。

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

<< 72年10月8日ベルギー でのライブ BBA パート3 | Home | 72年10月8日ベルギー でのライブ BBA >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。