上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BBA 1972年 10月8日 ドイツ フランクフルトでのライブ ブートレグ3

Plynthからです。
しょぼいギターの音から始まり、ベースのどえらいロングトーン。
ジェフはアームを軽く下げたりしてますね、

ドラムのカーマインが歌っているにかな?半開きのハイハットで歌いやすいように楽しているのかな?
ベースはえらくヘヴィーで少し歪んだサウンドですね、

ギターは、ギターヴォリュームをいじり過ぎで、肝心な時に良い音が出ていません。いつもか!!

フィルインもだるい感じで、ある意味なかなかダルなのが良いかも知れません。だらだらと曲が進んでいきます。

一通りしたらメドレーのshotgunにいきます。この流れはこの後ずっと続きます。

歌が聞えにくいですね、ベースとギターが前面に出ておりドラムと歌が引っ込んで聞えます。

そしてギターソロ!すぐさまヤードバーズの曲のリフが飛び出し、ベースとの掛け合い風アドリブになります。
まあ手癖以外の何者でもない様子。

ワンコードをバックにジェフはフィードバックを大披露!おぉ~~
そのバックで弾きまくるエースが凄い!動く動く。

ジェフのギターは、フロントマイクを使ったマイルドでカッコイイ音が出ています。
ロングトーン&手癖のソロが長々と続く!いいじゃないか!

この後MCでjeff beck guitarと言って、客が拍手!!手拍子まで出てきます。

その後、トーキングドラムとベースの場面がやって来ます。このCDはベースの音がくっきりと聞こえてなかなかいいんですよね。

このティムも手癖というのか、いつもおんなじようなベースソロを弾きますね。

チョーキングなのかペグを回して音程を下げているのか良く分かりませんが、ベースの音がドンドン下がっていきます。おそらくチョーキングでしょう。

そのうちドラムがビートを打ち出しベースもだんだんとテンションを上げていきます。このあたりで右にデジタルノイズらしきものが入ってきます。(ザーザーと聞える)

このベースソロも客は良く聞いているみたいです。

余談ですが、バンドのライヴでベースソロをインクルードした時、客はペラペラ話をしており誰もベースソロを聞いていない状態で、ベース担当が後で、誰も俺のソロを聞いていない と嘆いておりました。
でも、さっすが超プロのティムのベースソロなら客もちゃんと聞いてくれてるぞ!!!!!

話が飛んでしまいましたが・・・・・

そしてなぜか、全体の音にエコーとリバーヴがかかっているではありませんか!!なんででしょう?

そしてベースがロングトーンで唸ります、カッコイイ!ついでにドラムは2バスでドカドカしてます。

ティムとカーマインのコンビネーションは抜群でピタッとブライクします。さっすが!!!

すかさずジェフが ティム ボガートベースと言って再びPlythに戻ります。エンディングに小難しいギターが聞けます。ミストーンもありますがカッコイイギターがちらりと聴けますね!そんで曲が終わります。



地球儀 モノマニアでは、ユニークで個性派揃いの地球儀を数多くご紹介しています。
いままで教材としてみてきた地球儀のイメージを覆すものばかり!眺めているだけでも楽しい知的インテリアですよね。

興味のある方は、是非!除いて見てください。↓

地球儀15750円



今日のリンクは、男性脱毛ジェル

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

<< BBA 1972年 10月8日 ドイツ フランクフルトでのライブ ブートレグ4 | Home | BBA 1972年 10月8日 ドイツ フランクフルトでのライブ ブートレグ2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。