上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BBA '72 oct.8 two

BBA 1972年 10月8日 ドイツ フランクフルトでのライブ ブートレグ2です。

Lady
BBAの中でもヘヴィーでこの面子にピッタリの曲ですね、オフィシャルにも当然収録されてます。
イントロから危ない感じ、ギターのヴォリュームを絞りすぎて弾くとこうなるって感じの始まりでイマイチのイントロ

ギターが入ってからベース、ドラムが入ってきます。そして一回目のブレイクは60点ぐらい、歌が始まりますがリハ不足でしょうーって言いたくなります。

でもティムとカーマインがハモりながら歌うのは、慣れればいいものです。そしてギターソロ歪んでいますし、トリッキーなフレーズも出てきます。それより注目はベースですね!すごいよベース君!拍手!!

ギターソロのバックでブイブイいわしてる。

そしてシンバルワークもカーマインらしくて良い!聞けばすぐ分かるようなドラムっていうのはなかなかいませんよね!

そしてブレイク後のギターは、やっぱりなんかショボイですよ。次にくるギターソロは?こいつもよく歪んでいる。

なんとか終わるエンディングでした。


Morning Dew~Drum solo

もうこの曲も定番でおんなじアレンジでかっ飛ばしています。
ギターのディストーションレベルが上がったかのように歪んでいてカッコイイし、エコーもバンバンかけてるんで、音が伸びて、余韻まであってスカスカ差をカバーしています。

これは曲の合間に激しいリフがあって、この部分はインストで3人が火花を散らし格闘するんですね!毎回この曲には、この部分が出てきて、その後にしなくてもいいドラムソロが控えています。

ドラムがドタバタチンチラと鳴って、その横でベースがやたらにヘヴィーに弾きその上をジェフが宙を舞うソロを叩き付けて来ます。エコーがギンギンにかかるギターは聴いていて頼もしいです。

そして、ドラムソロがあって、トーキングドラムの音まで入っています。こんな事もしてたのか!って思います。
このトーキングドラムは、スネアにホースを差し込んで、もう片方を口に入れて、そこから出てきた音をマイクで拾うやり方、口の開き具合で音の高さなどが変わる。

時間稼ぎのドラムソロは、結構長いです。もう飽きてきた。!!
そしてエンディングはギターとベースがトチッたみたいです。
つづく

スキャッターブレインです。




いい音のオンキョーです。年内格安です、アウトレットなどいっぱいあります。
興味のある方は、是非是非!覗いて見て下さい。↓
オンキヨー公式ショッピングサイト e-onkyo

今日のリンクは、男性脱毛ジェル
スポンサーサイト

テーマ : ギター - ジャンル : 音楽

<< BBA 1972年 10月8日 ドイツ フランクフルトでのライブ ブートレグ3 | Home | BBA 1972年 10月8日 ドイツ フランクフルトでのライブ ブートレグ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。