上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BBA '72 oct.8

今日から3人BBAです。この9月にマックスとボブがバンドをやめます、そして16日からイギリスのケンジントン、ロック・アット・ザ・オバルーを皮切りにツアーが始まります。

オフィシャルのBBAファーストアルバムは、12月頃にレコーディングをします。でもライヴでは新曲としてBBAの曲が演奏されています。

アルバムタイトル Let Me Love You(ドイツのフランクフルトのジョランダーサーレでのコンサートで、イロイロなジャケットで出ています。

迷信
Livin' Alone~
TonightI'll Be Staying Here With You~
People Get Ready(メドレー)
Lady
Morning Dew~Drum solo
Plynth~shotgun~Bass solo~Plynth
Let Me Love You
Jeff's Boogie

#1ステージの割りと前の方で録音されたもよう。かぶりつきのサウンドがかなりリアルです。
またこの日はBBAとしては珍しくストラトを弾いています。そしてエコーマシンまで使っています。

で、迷信はと云うとまずエコーが効いたイントロから始まります、なんかスカスカの音の感じがします。

たどたどしいイントロでまだまだファンキーさが残っています、歌はコーラスが2人いてリードヴォーカルがいないので歌が頼りないですね。

でもドラムとベースはもちろん凄いし、ジェフのギターもなかなかいい加減なのにカッコイイですし、野太いサウンドですね!

サビの歌詞が違うような気もします。

アームも割りと使っていますし、音が良くてはっきりくっきりとしてるので細かいところまで聞くことができてナイスです。トリッキーなフィルインもバンバン出てきます。

エンディングなんかトチッてますよ。

#2Livin' Alone~TonightI'll Be Staying Here With You~People Get Ready
チューニングがたらたらとあります。

BBAの新曲でその後、定番曲になります。
この曲はBBAが作った曲で聞くところによるとソウルシスターズの曲をヒントに作ったと言われています。

ギターから始まる曲で、ヘヴィーでブギーなんですね、ギターはいきなり間違っています、やるネー!
歌が少し遠い感じです、両端のPAスピーカーのデッドなポイントで録音したんでしょう。

ギターソロがエコーマシンがギンギン聞いているんで凄くカッコイイ、また長いソロなんで嬉しい限りです。
トリッキーでスペーシーなギターがバンバン出てきます。

アカペラの部分もちゃんとやっています。そしてメドレーで次の曲に!!これは前からやってる曲ですね、またプレイするのって感じです。

このバンドはこんな曲よりもっとヘヴィーな曲がお似合いです。

そしてジェフもコーラスで参加していますね!ギターソロはスライドバーが出てきます(いつもと同じ)
それもエコーがかかっておりいいです。

歌のバックのギターもかなりいいですし、2回目のギターソロもいけています。ただなんとなく音圧がしょぼい!

そして次の曲へ、これも同じパターンですね!またヘタなギターも出てきます。

カーマインでしょうか歌がイマイチかな!!そしておとなしく終わります。ギターのヴォリュームをいじり過ぎて音量とかがもう酷いくらいバラバラです。つづく



Jeff Beck and Jennifer Batten
Blue Wind in Tokyo Japan 1999.です、それにしてもジェフの服はいつもながら超ダサイです。
肩を出すのはやめてケレ !!!





パイオニアのヘッドホン
SE-MONITOR8遮音性の高い密閉構造で、携帯性や機能性に優れた着脱式コードを採用

興味のある方は、是非!覗いて見て下さい。↓



今日のリンクは、男性脱毛ジェル
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

<< BBA 1972年 10月8日 ドイツ フランクフルトでのライブ ブートレグ2 | Home | 72年8月13日 ハリウッド パラディウム コンンサート パート4 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。