上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
72年8月13日 ハリウッド パラディウム コンンサート パート3です。

#6Definitely Maybe
ギターから始まります、いつもながら手堅い演奏でぶち壊しも無く淡々と進んでいきます。
チューニングは甘いですが、オフィシャルでも甘いですが、まあキニシナイ~~

で、ハーモニクスとかスライドバーも出てきますしメロもしっかりとあるんで安心して聞けますね。

2番目は、マックスとハモリますが、コチラも好演奏ですし、バックの控えめなところもかなりいいです。
そしてムーディーなエレピソロ!客の雑談が入っています。

ソロ自体は普通に弾いていますね、でワウレダルも使っていますね、そこへジェフがなだれ込んできたりします。
そしてギターのフィードバックが続き終わるという、珍しく短い演奏でした。

#7 Plynth
ドラムから始まります、それにそてもベースがかっこいい、もうガンガン出てきます。
ボブも張り切って歌っていますが、キツイのかな声がガラガラ。

そして肝心のギターは、かなりハードにプレイしています。そして直に

#8のショットガン
これはヴォーカルがボブだけじゃなくて3人ぐらいの声が聞こえます。
ギターがウーマントーンで丸い丸い音を出しているところなんかありまして凄いし、またフィードバックも凄い。
ドラムがドタバタとしてるのが良く聞き取れたりします。

ギターもトリッキーなフレーズとか手癖も連発!!しかしベースのおかげでスカスカした感じも無く、ホントにカッコイイです。そしてティム ボガートのベースソロへ突入します。

個人的には、ドラムソロは勘弁して欲しいのですが、ベースソロは聞いてしまいます。

ベースとドラムだけで何十分も良くやるよね!!!BBAの日本公演でもやっていました。

もう歪んだ音が混ざったこのベースソロはチョーキングまで出てきて、また早弾きまであって凄まじい。
ただ、どのベースソロも同じ様なものなんですけどね!

ただ単に、弾きまくるのではなくてドラムとつるんでビートのある部分があったりと聴いていてあんまり飽きません。

ベースの弦も4本同時にコードを弾いたりと、アグレッシブにプレイしています。そして再びプリンスへ戻ります。

ボブも頑張っています。でもキーボードがあまりにも聴こえてきません。たぶんこのようなことがあってマックスはバンドを脱退するのでしょう。

終わると大喝采が巻き起こります。ジェフがベースソロのことを紹介しています。

そして Got the feelingが始まります。つづき

ロッド時代のプリンスです。結構キレイな映像です。↓




モノマニアのちょっとロックなストライプ マフラーです。
興味のある方は、是非覗いて見て下さい。↓


松井ニット技研ストライプ・マフラー2009 ポップレッド





今日のリンクは、マシューソープ
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

<< 72年8月13日 ハリウッド パラディウム コンンサート パート4 | Home | 72年8月13日 ハリウッド パラディウム コンンサート パート2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。