上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
72年8月13日 ハリウッド パラディウム コンンサート パート2です。

#4 tonight I'll be staying here with you この曲はいつもギターソロが聞きモノでしょっちゅうプレイしてます。第2期ベックグループのライヴではいつもプレイしたました、BBATMでもやはり演奏しています。

ギターソロから入ります、すぐさま客の反応がありこの時点でも良く知られた曲なんですね!

歌の間のギターフィルもけっこう真面目にやっています、サビはギターがコードをジャラーンと弾くところがジェフでは珍しいですよね、カーマインとティムもちゃんとコーラスで参加してます。

ソロは押弦引きなんですが、途中にスライドバーを右手に持ちワイルドな事をしており、ボブも熱唱しています。

2回目のソロもオフィシャルと同じようなソロを決めています。いつもメロディアスにソロを弾いています。
そしてメドレーでピープルゲットレディをプレイ。

これも3人で歌う場面があったりと、イマイチの選曲のこのライヴでも少し光っています。

#5 ニューウェイズ
少しチューニングがあってから、ドラムのフィルで始まります。ボブの声がえらくガラガラに聴こえますね、大丈夫か?

前回の音源より音がよいので、上手く、キレイにまた楽器の分離もしていて聞きやすいですし、カッコイイ!
リフと展開地獄の曲なんであんまり無茶はしていなようですね。

ソロは、いつもと大体同じです、でないとこの展開とサビ地獄は、突破出来ないのでしょう。
そしてつづくトレイントレインも割りと同じような感じです。ただベースがたまにぶっ飛んだ事をするとジェフもコール&レスポンスして聞いていてオモロイです。

ソロは、入るところを間違えたり、結構リズムも甘くいい加減ではあるけどいい感じってところです。ベースとギターの掛け合いの場面など凄いところがあったりします。それはベースの音色とハードなドライヴする弾き方なのです。

ギターと客の掛け合いもあります。雰囲気を見はからってカーマインがドラムを叩くってのもあります。
コージーがドラムの頃のこの曲のライヴでは長々と10分以上プレイしていましたが、これでは割りと短いです。

つづく

曲はベックのボレロ↓
UDO MUSIC FESTIVAL 2006 Live at Fuji Speedway 2006.7.22
Jeff Beck (g) Jason Rebello (key)
Randy Hope-Taylor (b) Vinnie Colaiuta (ds)




オンキョーダイレクトでは、今アウトレットがお薦めです。興味のある方は、是非覗いて見て下さい。
下のバナーをクリックしてホームからアウトレットをクリックして下さい。↓

オンキヨー公式ショッピングサイト ONKYO DIRECT





今日のリンクは、マシューソープで体臭予防
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

<< 72年8月13日 ハリウッド パラディウム コンンサート パート3 | Home | 72年8月13日 ハリウッド パラディウム コンンサート パート1 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。