上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1972年8月1日 ピッツバーグのジェフベックグループ パート4

久しぶりにジェッフのつづきです。
8 Let me love you
ハードロック仕立てのアレンジが凄まじくすごい!
というより このメンツだったらこうなる!!のでしょう。

キーボードなんてもうなんにも聞こえません。
そしてコノテイクは全曲入ってもいません。短い!

ただしカッコ良過ぎます。音は悪いが!!
キムとカーマインとティムの3人が歌うところがすごい。

9 got the feeling
フェイドインしてきますが、もう曲は始まっています。
キムが大声で叫び歌っています。

曲の展開といいリフといい、良い曲でアッパーで
スピード満点のドラムとベースのカッコイイハードな演奏に触発されたジェフが
生き生きとしており、ソロもむちゃくちゃなんやけど
ぶち切れたところから、スライド奏法まででてきて楽しいです。

またカーマインのシンバルワークが良く聞こえる場面とかがあってカッコイイです。

しかし、音はかな酷いですね!!

BBAの有名なヴィデオです。画像は最悪ですがレアなものです。


パイオニアのエジソン式コップ蓄音機です。
興味のある方は、是非覗いて見て下さい。↓

PMJ-G1575020800

今日の新着の無料サンプル
スポンサーサイト

テーマ : ギター - ジャンル : 音楽

<< 1972年8月11日サンノゼ シビックセンター ベック、ボガート、アピス、テンチ、ミドルトン | Home | jesus&mary chainのthe power of negative thinking B-sides &parties >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。