上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1972年8月1日 ピッツバーグのジェフベックグループ パート3

IMG_3949.jpg
前回のつづき

アンリリーストラック
ブギー曲で、タイトルが無いだけで、誰かの曲でしょう!
キムが歌っています。音がベースに支配されており、団子状態です。

もうなにがなにやってんのか分かりませんが、
良く聞くと、ギターとかが聞こえる程度!

まあ歌が入れば聞こえます。
ギターソロになると、尖がった音で聞こえてきます。

普通のハードロックで、サビがあって と言うぐらいで特筆する曲でもないですね!
ただギターソロが、ジェフズブギーのピンポンパンポンのチャイムが連発されます。
チトださいかな!

途中からベースとドラムだけになってベースソロへと突入し、
凄まじい音量でソロが繰り広げられます。

BBAでもやっていたトリッキーな場面は、もうただ太い音で唸っています。すごい
10分もありますね!そしてブレイクして全員参加して、直に終わります。

new ways ~train train
潰れた音でカットインします。
音が大変悪いのですが、歌がカッコイイ!ボブとは全然違う歌い方で、
たまにハイトーンで裏返るところが有ります。キニシナイ

リズム隊が違うとこんなにもハードロックするんだと思いました。
これは、ハードロックのお手本のテイクにもなりそうですよ!

このメンバーで2・3枚アルバムを出して欲しかった。カッコイイですよ!
へヴィーでぶっ飛んだ演奏ですね!

時々ハウリングが起こり、ライヴ感が120%感じます。いいです
この曲、複雑なアレンジのくせに、さらっとプレイしてるところが凄いです。

ジェフのギターは、もうぶち切れています。

でもなぜジェフがキムを1週間でクビにしたのかも、聞いてると分かります。
もっと渋いヴォーカルを求めていたんですね!しかし その考えはダサい!

このリズム隊ならキムの方が合っています。し断然良いですよ!!
BBA並みのギターソロが続きます。

マックスの存在感はゼロ!
またボブもやっていた、ギターと声の掛け合いも出てきます。
この場面は、メチャ面白いです。オーディエンスは大喜びですね!

そしてエンディングへ突入!タイミングもバッチリです。
さっすが!カーマインとティムでした。
つづく

男の楽しいグッズです。興味のある方は、覗いてください。↓
モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション



今日のリンクは、人気の育毛剤りょうが
スポンサーサイト

テーマ : ギター - ジャンル : 音楽

<< my bloody valentine 2008年6月22日 ロンドンライブ | Home | 1972年8月1日 ピッツバーグのジェフベックグループ パート2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。