上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、初来日、直前のマイアミでの公演です。

前日のニューヨーク公演では、ますますこなれたパフォーマンスを見せ付けてくれましたが、
今回のライヴは、それを上回る凄まじいパワーとまとまりがあるパフォーマンスを知らしめてくれます。

ブート関係の雑誌でも絶賛されたブートです。音質の悪くなく、時たま音が切れたりしますが、気にさせないスゴイ物です。

#1 迷信
会場のどよめきから始まります。もうこの時点でワクワクします。

いきなりトーキングモジュレターをかましてくれます。すぐにドラが響き渡り、会場はシーンとして、一体何の音なのかとオーディエンスの戸惑う様子が記録されています。

全世界で初めてトーキングモジュレーターがこのロックコンサートで披露されたのでしょう。!!!

ジェフ自信もカッコイイと思ったに違いありません。

そして、曲が始まります。

イントロも成功し、リズムは走らずに安定しています。
ベースが入ってからのヴォルテージの上がり具合いといい、ほんまにスゴイ!

ファンキーから、やっとこさハードロックへと変わったリアルな変化の時期を録音した音源ともいえます。
もう今までに無い一丸となったプレイが堪能できます。

今回は、レスポールでエコーやリバーブがかかりまくってて、コズミックな世界とハードロックの世界が融合した、ほんまにスゴイライヴが体験できます。

また、このCDは、音のヘヴィーでカッコイイ音像でもあります。

そして、ギターソロは、スタジオアルバムのソロを発展させたような感じで、ぐちゃぐちゃにチョーキングしたりとかなりアグレッシヴな演奏です。

エンディングもギンギンで一箇所音が途切れます。

そして、無事に終わります。この時のドラムもすごくヘヴィーに叩きまくりです。

もう会場は大喝采の渦、バンドの連中の喜ぶ顔が浮かびます。

#2 すぐさまリヴィンアロン イントロがカッコイイ曲で、決まってます。
ドラムがハチャメチャに叩いています。ほんまに凄まじいで!

ブレイクでテンポを落としキメの部分もバッチリです。
ドラムがロールしますが、カーマインのチューブをくわえてトーキングドラムを披露!

そして歌に突入しますが、合いの手のギターカッティングも決まっています。

ブレイク時のベースも野太いサウンドで圧倒されますね、そして肝心のギターソロは?
ちょっと躊躇いながら入るのですが、バックのスゴイグルーヴに、直ぐに対応し乗ったプレイをしていきます。

手癖の連発と連続ですが、バックのお陰でカッコよく、おんなじフレーズなのに、何の遜色も無くノリノリ。

ここでのギターはギンギンにエコーとリバーヴがかかっており、歌とギターの掛け合いも上手く決まっています。
なかなかのテクですよ。

#3 アイムソープラウド
スムースに曲に繋がっています。

歌がスゴイです。ティムとカーマインはコンビネーション抜群でジェフの歌っているのが分かります。
感動を呼ぶハードバラードですね!

ミュートを用いたギターも決まっていますし、その後に出てくるソロもあぶなっかしい所はあるもののなかなかいいです。

2回目の歌も熱唱!1箇所音が切れます がキニシナイ!!
ギターのチューニングも狂っていなくて奇跡が起こったのかも知れません。

エンディングの辺もバッチリで、またギターの歪みも美しいです。

もうオフィシャル(スタジオとライヴの両方)も霞んでしまうほどカッコイイです。

長い目のエンディングもだれる事無く進行していきます。

ラストでジェフがギターの弦をピックでこすり、最後の最後でこけたのか?貧弱になり終わります。

#4 Lady
ハードロックの極みの曲で、スネア一発!イントロからしてテンションが高く難なく歌が入ります。
流れる様な演奏をバックにパワ全開で歌われます。

時折、妙にエコーやリバーヴ音が大きくなるのは一体どう云う事なんでしょうね?
そして、ソロは今までに無いスローなコード弾きで始まって行きます。

と思ってたら、例によって手癖の連発が出現します。又か!
でも今回はリキが入っているかのごとくハードに聞えますね!!!

再び歌に入るのですが、歌のバックでもジェフのギターは全開でヴォリュームをいじったりする気配もありません。

恐らくティムとカーマインのドデカイサウンドに応酬してたんでしょうね!
そして、短いドタバタドラムの後にエンディング、オーディエンスは開いた口が塞がらない って感じです。

#5 morning dew
さて今回のこの曲は?
ベースが会場を埋め尽くし、それをバックに歌が始まります。
すごいリバーヴです、まるでイギリスの湿った感じみたい!いい音な事。

歌のバックではジェフとティムが決まったフレーズを延々と弾き、やっとこさギターソロが始まります。

もう何を弾いても許せるくらい高いテンションのバックです。
あまり聞いた事の無い、手癖でない フレーズが聞けます。

おぉ~~と思うのもつかの間!再び手癖の応酬!!!!
そんで、お決まりの頭痛のドラムソロ!今回も激しいーし。途中にトーキングドラムまで出てくるサービス!

そしてエンディング、無事に着地に成功します。ジェフはすかさずチューニング!!つづく

音楽広場




スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

BBA 73年4月7日 Rochester,NY People Get Ready 2です。

BBA 4/7 パート2

#4 モーニング デュー
また、この曲かい!と文句を言ってもザッパじゃないのでいつも同じソングオーダー!

カーマインですね1カッコよく出だします。まあこの曲自体、好きな曲なんでキニシナイ

ジェフのギターは、この曲だとトチリがすくないです。リフが同じやしね!
このリフ、結構良い音で入っていますね!

そしてコードでジャラーって弾くところも沢山あって、聞いていて安心しますね!
ギターソロは、まあまあでクロマチックでドンドン降下していくのとか、もうワンパターンの連続で!

お前ってギター職人やんけ!全然クリエイターやあらへん!ジミーペイジは音飛ばしが多いけど、やっぱり格が違う!
アーティストやもんね!

で、お決まりのドラムソロ!これについてはザッパバンド時代のヴィニーカリウタだったらコメントが入れれますが!
BBAではね!!!!!

はよ!終わって欲しいドラムソロ!

ドタバタ叩くのなら、アイザックヘイズのアルバムみたいにシンプルなグルーヴで決めてくれ!
ところで、客の声の中に、日本語らしき言葉が聞える!!いくでって言ってる???なんでやろ!日本人が来ていたのかも?

そして、合図と共にエンディング!何時もと何か違うよな!

#5 プリンス
すかさずリフが出てきて、一旦、数回音切れ!でもカッコイイイントロです。
ベースと共にインプロが少し聞けます。ここカッコいいぞ!

リフで成り立っている曲!で1番の歌が終わるとギターがガツンと決めてくれる!

そしてショットガン!ティムとカーマインが歌います。

そしてギターソロ!余裕を見せての始まり方!でも直ぐに同じ手癖でキメまくり!またかい!!

でもね!ベースはワンコードながら、いろいろヴァリエーションを小出しにしてくれて聞いてられます。

早引きが結構出てきます。なんせワンコードやし、そうそう音は外れませんよね!

そして急にテンションが下がり、またもや音切れが何回も出てきて聞きづらい!ベースソロの部分ですよ!
何時もと違うベースソロ!ブイブイいってます。

音量もバラバラで消えたり、カットが入ります。でもね聞いていてハマります。もう途中なんかバースのコード弾き!
これは、何時もと違います。

フリーミュージックと言うよりフリーロックですねな!
そして歌に戻るんですが、何時もと違う!手拍子をリズムに歌いだします。
そして見計らって全部の楽器が入ってきて、今度はギターと手拍子!

この辺が即興の楽しみ方でしょう!聞いていてハラハラします。

今日はここまでです。つづく


フランクザッパ、ジョンハッセル、アイザックヘイズの音源紹介は、コチラからです。
興味のある方は、是非!ご覧下さい。↓
ザッパ Frank Zappa ブログ


ヤフーオークションです。ジェフベックブートレグ、コレクターズCDはいやほどあります。
興味のある方は、ジェフ ベック又は、jeff beck、BBA(これは、あまり無い)などで検索してみてください。↓




今日のリンク、身長を延ばすサプリメント!

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

BBA 73年4月7日 Rochester,NY People Get Ready です。

BBA 4/7


73年には、初来日を果たすBBA!その数週間前のニューヨークでのライブ!
イギリスのライブよりアメリカの方が手抜きが少ないのは知っていますよね!

音質はまあまあで決してよくは無いですが、全然悪くないと言うよく分からないですが。大丈夫!ちゃんと全部の楽器と歌は聞えます。

会場側のMCから始まります。歓声が響く中、ドラムがチューニングして#1 迷信が始まります。

ノリもいいけど客のどよめきが記録されてて臨場感があります。

少し遠目のオーディエンスですね!

歌が割りとカッコよく決まっていますし、ギターソロもノリノリでいいです。ギターは他の楽器に埋もれがちかな!

でも聞えます。

デンディングのドラムのフィルはカッコイイ!
終わってジェフがMCを結構喋っている!!

何時ものエイントスーパーステーションのイントロを1回して、カーマインが即コール&レスポンス

#2 Livin, Alone
イントロの後のリフはコードが間違っているものの、まあセーフってところかな
しかし、演奏が途切れたりします。ギターを弾いていない!!

ますます演奏慣れしてきたこの曲、ブレイクもバッチリでギターソロも中々凄く、ベースの恐ろしいコード弾きもあったり、とにかく凄い演奏が記録されたいる、このテイク!

ブギーらしさが堪能でき、スピーディーさも増しています。メドレーで何時もの今宵は君と!が始まります。
スライドギターも冴え渡りなかなかにお好演ですね!心地良いディストーションの効いたギターも聞きやすくOK

オブリやフィルも外し!が少なくいい!2回目のソロもじっくりと弾いています。2間クロマチックの上昇フレーズも決まっています。

そして、ピープルゲットレディーこれも何時もと同じテンションですが、音圧のある演奏でもあります。
実に、ドラマチックに終わり大喝采を浴びます。

#3 Lady
ツアーでいつもプレイしている曲は、回数を重ねるごとに、まとまりはもちろんの事、遊びをする余裕まで出てきます。
そんなこんなで、この曲もボルテージが増して凄くなっていきます。

イントロの決まり、入るタイミングもバッチリ!
バスドラも何時もと違う入り方!しかしハーモニクスは、またトチリです。

歌が始まると、良い感じで演奏自体が流れて行きますね。

そしてギターソロはもう爆発しています。こうでなくちゃ!

もちろん手癖のオンパレードなんですが!

2回目のソロもカッコイイトーンのギターですが、またもやハモニクス外しが聞けます。

フィルの数の多い事ギターが唸っています。
そしてエンディングのドラムもバカスカ叩きまくり、そのバックのギターもギンギンで早弾きが聞けます。

力の入った場面でリフを叩きつけて終わります。



ヤフーオークションです。ジェフベックブートレグ、コレクターズCDはいやほどあります。
興味のある方は、ジェフ ベック又は、jeff beck、BBA(これは、あまり無い)などで検索してみてください。↓




今日のリンク、身長を延ばすサプリメント!

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

BBA 1973年2月16日 ロンドン Imperial College of Printing パート4

前回のつづき!

#3 Plynth~Shotgun

アンコールですね!ぼそぼそ喋るのはジェフかな!
チューニングがあって、バスドラがドンドンなって、リフが入ります。そして鉄骨のベースが入り、グッと音圧が出ててカッコよくなります。

もうお馴染みの曲で、いつも出てきます。

少しピッチが揺れます。

ブレイクがふんだんに入り、突然嵐の如く、ジェフが狂いまくります。ここ凄いけどちょっとだけ!
で、すぐにショットガンになり、コード弾きのジェフも小指で7th、9thなど引っ掛けてコードのテンションを上げたりしています。

そして、手癖一発のソロがガンガン聞けます。ベースのドライブ感がライブごとにドンドン増えていきます。

そして、だらだらと演奏がつづきます。この辺はドラムソロに近い!そしてブレイク!手拍子が鳴り響く!

そしてテーマに(プリンス)もどります。

歌のバックのベースがこれまたすげェー!

ブライク後に、ファンキーになり暴れまくり終わります。

#4 People get ready

フェイドアウトしてフェイドイン!恐らく直ぐにアンコール2に答えなかったのでしょう。
ジェフはイントロを弾き出しますが、いかんチューニングが狂いすぎ!

もう一度、やります。
出始めがこけます。暫らくイントロの繰り返し!

歌が始まります。バラードって感じがしますよね!カーマインでしょうか!ガンバレ!熱唱してくれ!

そして、軽く演奏して、タメがあってエンディングへ行きます。おわり

そして

#5 Oleo
これは、カクタスの曲でしたか!良く知りませんが!そうなんでしょう。

ブギーのリズムで3コードに毛の生えたような曲。
カーマインとティムは、得意げにボコボコに演奏しています。そいりゃそうだろう!自分達の曲だもんな!

ソロもありますね!結構!上から下までネックを横断しているのが分かる!
割と手癖なのに、カッコよく決めています。

歌もある曲やったんですね!歌が聞こえます。手拍子もノリノリ!

ピタッととまり、おっ!ドラムソロか?
いや違う!即興でやっている!ブレイクありと結構楽しいテイクでした。

終わります。アナウンスが入りますね!
つづく


ブックサービスです。興味のある方は、是非!覗いてみてください。↓
ブックサービス

今日のリンクは、潤う乾燥肌の石けん

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。