上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BBA 1972年 10月8日 ドイツ フランクフルトでのライブ ブートレグ3

Plynthからです。
しょぼいギターの音から始まり、ベースのどえらいロングトーン。
ジェフはアームを軽く下げたりしてますね、

ドラムのカーマインが歌っているにかな?半開きのハイハットで歌いやすいように楽しているのかな?
ベースはえらくヘヴィーで少し歪んだサウンドですね、

ギターは、ギターヴォリュームをいじり過ぎで、肝心な時に良い音が出ていません。いつもか!!

フィルインもだるい感じで、ある意味なかなかダルなのが良いかも知れません。だらだらと曲が進んでいきます。

一通りしたらメドレーのshotgunにいきます。この流れはこの後ずっと続きます。

歌が聞えにくいですね、ベースとギターが前面に出ておりドラムと歌が引っ込んで聞えます。

そしてギターソロ!すぐさまヤードバーズの曲のリフが飛び出し、ベースとの掛け合い風アドリブになります。
まあ手癖以外の何者でもない様子。

ワンコードをバックにジェフはフィードバックを大披露!おぉ~~
そのバックで弾きまくるエースが凄い!動く動く。

ジェフのギターは、フロントマイクを使ったマイルドでカッコイイ音が出ています。
ロングトーン&手癖のソロが長々と続く!いいじゃないか!

この後MCでjeff beck guitarと言って、客が拍手!!手拍子まで出てきます。

その後、トーキングドラムとベースの場面がやって来ます。このCDはベースの音がくっきりと聞こえてなかなかいいんですよね。

このティムも手癖というのか、いつもおんなじようなベースソロを弾きますね。

チョーキングなのかペグを回して音程を下げているのか良く分かりませんが、ベースの音がドンドン下がっていきます。おそらくチョーキングでしょう。

そのうちドラムがビートを打ち出しベースもだんだんとテンションを上げていきます。このあたりで右にデジタルノイズらしきものが入ってきます。(ザーザーと聞える)

このベースソロも客は良く聞いているみたいです。

余談ですが、バンドのライヴでベースソロをインクルードした時、客はペラペラ話をしており誰もベースソロを聞いていない状態で、ベース担当が後で、誰も俺のソロを聞いていない と嘆いておりました。
でも、さっすが超プロのティムのベースソロなら客もちゃんと聞いてくれてるぞ!!!!!

話が飛んでしまいましたが・・・・・

そしてなぜか、全体の音にエコーとリバーヴがかかっているではありませんか!!なんででしょう?

そしてベースがロングトーンで唸ります、カッコイイ!ついでにドラムは2バスでドカドカしてます。

ティムとカーマインのコンビネーションは抜群でピタッとブライクします。さっすが!!!

すかさずジェフが ティム ボガートベースと言って再びPlythに戻ります。エンディングに小難しいギターが聞けます。ミストーンもありますがカッコイイギターがちらりと聴けますね!そんで曲が終わります。



地球儀 モノマニアでは、ユニークで個性派揃いの地球儀を数多くご紹介しています。
いままで教材としてみてきた地球儀のイメージを覆すものばかり!眺めているだけでも楽しい知的インテリアですよね。

興味のある方は、是非!除いて見てください。↓

地球儀15750円



今日のリンクは、男性脱毛ジェル

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

BBA '72 oct.8 two

BBA 1972年 10月8日 ドイツ フランクフルトでのライブ ブートレグ2です。

Lady
BBAの中でもヘヴィーでこの面子にピッタリの曲ですね、オフィシャルにも当然収録されてます。
イントロから危ない感じ、ギターのヴォリュームを絞りすぎて弾くとこうなるって感じの始まりでイマイチのイントロ

ギターが入ってからベース、ドラムが入ってきます。そして一回目のブレイクは60点ぐらい、歌が始まりますがリハ不足でしょうーって言いたくなります。

でもティムとカーマインがハモりながら歌うのは、慣れればいいものです。そしてギターソロ歪んでいますし、トリッキーなフレーズも出てきます。それより注目はベースですね!すごいよベース君!拍手!!

ギターソロのバックでブイブイいわしてる。

そしてシンバルワークもカーマインらしくて良い!聞けばすぐ分かるようなドラムっていうのはなかなかいませんよね!

そしてブレイク後のギターは、やっぱりなんかショボイですよ。次にくるギターソロは?こいつもよく歪んでいる。

なんとか終わるエンディングでした。


Morning Dew~Drum solo

もうこの曲も定番でおんなじアレンジでかっ飛ばしています。
ギターのディストーションレベルが上がったかのように歪んでいてカッコイイし、エコーもバンバンかけてるんで、音が伸びて、余韻まであってスカスカ差をカバーしています。

これは曲の合間に激しいリフがあって、この部分はインストで3人が火花を散らし格闘するんですね!毎回この曲には、この部分が出てきて、その後にしなくてもいいドラムソロが控えています。

ドラムがドタバタチンチラと鳴って、その横でベースがやたらにヘヴィーに弾きその上をジェフが宙を舞うソロを叩き付けて来ます。エコーがギンギンにかかるギターは聴いていて頼もしいです。

そして、ドラムソロがあって、トーキングドラムの音まで入っています。こんな事もしてたのか!って思います。
このトーキングドラムは、スネアにホースを差し込んで、もう片方を口に入れて、そこから出てきた音をマイクで拾うやり方、口の開き具合で音の高さなどが変わる。

時間稼ぎのドラムソロは、結構長いです。もう飽きてきた。!!
そしてエンディングはギターとベースがトチッたみたいです。
つづく

スキャッターブレインです。




いい音のオンキョーです。年内格安です、アウトレットなどいっぱいあります。
興味のある方は、是非是非!覗いて見て下さい。↓
オンキヨー公式ショッピングサイト e-onkyo

今日のリンクは、男性脱毛ジェル

テーマ : ギター - ジャンル : 音楽

BBA '72 oct.8

今日から3人BBAです。この9月にマックスとボブがバンドをやめます、そして16日からイギリスのケンジントン、ロック・アット・ザ・オバルーを皮切りにツアーが始まります。

オフィシャルのBBAファーストアルバムは、12月頃にレコーディングをします。でもライヴでは新曲としてBBAの曲が演奏されています。

アルバムタイトル Let Me Love You(ドイツのフランクフルトのジョランダーサーレでのコンサートで、イロイロなジャケットで出ています。

迷信
Livin' Alone~
TonightI'll Be Staying Here With You~
People Get Ready(メドレー)
Lady
Morning Dew~Drum solo
Plynth~shotgun~Bass solo~Plynth
Let Me Love You
Jeff's Boogie

#1ステージの割りと前の方で録音されたもよう。かぶりつきのサウンドがかなりリアルです。
またこの日はBBAとしては珍しくストラトを弾いています。そしてエコーマシンまで使っています。

で、迷信はと云うとまずエコーが効いたイントロから始まります、なんかスカスカの音の感じがします。

たどたどしいイントロでまだまだファンキーさが残っています、歌はコーラスが2人いてリードヴォーカルがいないので歌が頼りないですね。

でもドラムとベースはもちろん凄いし、ジェフのギターもなかなかいい加減なのにカッコイイですし、野太いサウンドですね!

サビの歌詞が違うような気もします。

アームも割りと使っていますし、音が良くてはっきりくっきりとしてるので細かいところまで聞くことができてナイスです。トリッキーなフィルインもバンバン出てきます。

エンディングなんかトチッてますよ。

#2Livin' Alone~TonightI'll Be Staying Here With You~People Get Ready
チューニングがたらたらとあります。

BBAの新曲でその後、定番曲になります。
この曲はBBAが作った曲で聞くところによるとソウルシスターズの曲をヒントに作ったと言われています。

ギターから始まる曲で、ヘヴィーでブギーなんですね、ギターはいきなり間違っています、やるネー!
歌が少し遠い感じです、両端のPAスピーカーのデッドなポイントで録音したんでしょう。

ギターソロがエコーマシンがギンギン聞いているんで凄くカッコイイ、また長いソロなんで嬉しい限りです。
トリッキーでスペーシーなギターがバンバン出てきます。

アカペラの部分もちゃんとやっています。そしてメドレーで次の曲に!!これは前からやってる曲ですね、またプレイするのって感じです。

このバンドはこんな曲よりもっとヘヴィーな曲がお似合いです。

そしてジェフもコーラスで参加していますね!ギターソロはスライドバーが出てきます(いつもと同じ)
それもエコーがかかっておりいいです。

歌のバックのギターもかなりいいですし、2回目のギターソロもいけています。ただなんとなく音圧がしょぼい!

そして次の曲へ、これも同じパターンですね!またヘタなギターも出てきます。

カーマインでしょうか歌がイマイチかな!!そしておとなしく終わります。ギターのヴォリュームをいじり過ぎて音量とかがもう酷いくらいバラバラです。つづく



Jeff Beck and Jennifer Batten
Blue Wind in Tokyo Japan 1999.です、それにしてもジェフの服はいつもながら超ダサイです。
肩を出すのはやめてケレ !!!





パイオニアのヘッドホン
SE-MONITOR8遮音性の高い密閉構造で、携帯性や機能性に優れた着脱式コードを採用

興味のある方は、是非!覗いて見て下さい。↓



今日のリンクは、男性脱毛ジェル

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

72年8月13日 ハリウッド パラディウム コンンサート パート4です。

前回の続きです。
#8 Got the Feeling
もうこれは、得意の曲らしく皆の演奏のテンションもえらく高く良い演奏です。ギターのワウペダルをオンにしてチャカポカと鳴らしながら始まります。ドラムはコージーよりかは、もたっている感じですね。

ボブのテンションも高いですし、なにせフィターの音がしっかりと入っておりなかなかのテイクです。

サビの部分が妙にファンキーになる所があって、おぉ~~と思いました。で、スライドギターもでてきて、トリッキーなフィルも出るわ出るわ!!かなりノリノリの演奏です。

オフィシャルとよく似たソロのフレーズも一杯出てきます。それにしてもギターソロが結構長いので楽しく聴けます。
バックのドラムとベースの凄まじいこと!!ジェフも感化されてぶっ飛び状態!!ドラムソロもバカ迫力です。

ドカバタと叩きまくるカーマインにベースがからみ8小節あたりでエンド!!

そしてチューニング!

#9 Let Me Love You
さすがハードロック野朗が2人もいるので、それはもうハードでガツンとくる演奏です。ジェフベックって言うと、今ではロックなのか違うのか と一体なんだろうって感じですが、ロッド時代といいこのBBA時代といいハードにロックしているバンドが一番魅力的です。

まあ色んな意見もありますが、その次は、やはりワイアードあたりのロックフュージョンというよりロックが一番、ジャズに近づいたこの時期も捨てがたいです。

なんせ、チェコスロバキアのヤンハマーとマイケル ウォルデンとかが参加してるのがポイントですね!!!
話が飛んでいきましたが、チャカポカのワウワウギターが光るテイクです。

ボブの歌は、相変わらずビブラート混ざりの歌い方です。ギターか何かの楽器がとちるところもあります。
そしてギターソロ エコーtがかかっておりスペーシーに聞こえますね、この曲はこのアレンジでBBAでもしょっちゅうプレイしています。

そして2回目のギターソロ野太いリズムセクションをバックにジェフのソロはイマイチ!なんでもっと弾かないのか?
そして例によって客との掛け合いが始まります。

客はすでに歌っています。

ギターと客の掛け合いが始まり、ベースが絡んできたり、引いたりと出たり入ってリしてるところがあったりと、もうアドリブ合戦。

ジェフがいろいろ喋っています。客に一緒に歌えって事ですね!!!
フィードバックもガンガン出てきます。ベースが大きくなってエンド!ボブが唸っています。

大喝采で終わりアンコールに突入し、すごい客たちの声援が入っています。

#10 Jeff's Boogie
アンコールでやるのは珍しいかもしれない曲ですね!この曲はパロディとかがいっぱい出てくることで有名な曲ですね、もとは60年代にヤードバーズでの曲!

アンコールでメンバーが出てきたら、またまた拍手!ギターのチューニングですが、かなり狂っているみたいです。

この曲もベースが凄くでかい音!!キーボードも聴こえませんね、BBAでのこの曲は凄くいい!!!

オフィシャルBBAライブインジャパンに似たアレンジです。いやそれよりも長い感じです。そしてじゃじゃ馬億万長者も入っています。

途中に3コードブルースが始まります。これがまた今のジェフでは聞けないようなブルージーな演奏です。カッコイイ
一度ブレイクしてもう一回ブレイク気味になってテーマに戻り終わります。

大喝采!!!

#11 morning dew
これもロッド時代からの曲で、最近もライブでやってりしているイニシエのカバー曲。
グレイトフルデッドやオールマン達もこぞってカバーしてました。

そしてもう一回アンコールがあって、この曲が始まります。イントロからして大騒ぎです。
ボブはかなり崩しながら歌います。

ベースが曲をリードしています、ここにボブの歌がのっかてくるんですね、そしていつものインストの部分のリフ、そしてギターソロが始まります。もうベースがでかくてギターの音がしょぼく聴こえます。

そのうちギターがでかくなりカッコイイソロが始まり、エコーがギンギンのスペーシーなギターが堪能できます。

最後の辺は、BBAの後期に近い演奏で、そして再び歌の部分が出てきます。キーボードがちらりと聴こえます。
そしてハードに終わります。



そしてその後に1972.08.14 : カリフォルニア州バークレー、コミュニティ・シアターでライブ。

そして9月の前半にマックス・ミドルトン、ボブ・テンチ脱退しBBAの3人となります。

この間スティーヴィーワンダーのアルバムにギターで一曲参加します。
つづく


Rock and Roll Hall Of Fame 2009
ジミーペイジが参加してます。↓




40周年アニバーサリー・ジャイアントロボ
週間少年サンデーの連載から今年で40周年を迎えたヒーロー、あのジャイアントロボがラジコンで復活しました。
草間大作少年と同じ く、リストバンド型の送信機で操縦できるうれしい設計。
毎週週間少年サンデーを楽しみにしていた世代の方にお薦めです。
興味のある方は、是非!覗いて見て下さい。↓

40周年アニバーサリー・ジャイアントロボ


今日のリンクは、男の身だしなみ!マシューソープでキレイな体

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

72年8月13日 ハリウッド パラディウム コンンサート パート3です。

#6Definitely Maybe
ギターから始まります、いつもながら手堅い演奏でぶち壊しも無く淡々と進んでいきます。
チューニングは甘いですが、オフィシャルでも甘いですが、まあキニシナイ~~

で、ハーモニクスとかスライドバーも出てきますしメロもしっかりとあるんで安心して聞けますね。

2番目は、マックスとハモリますが、コチラも好演奏ですし、バックの控えめなところもかなりいいです。
そしてムーディーなエレピソロ!客の雑談が入っています。

ソロ自体は普通に弾いていますね、でワウレダルも使っていますね、そこへジェフがなだれ込んできたりします。
そしてギターのフィードバックが続き終わるという、珍しく短い演奏でした。

#7 Plynth
ドラムから始まります、それにそてもベースがかっこいい、もうガンガン出てきます。
ボブも張り切って歌っていますが、キツイのかな声がガラガラ。

そして肝心のギターは、かなりハードにプレイしています。そして直に

#8のショットガン
これはヴォーカルがボブだけじゃなくて3人ぐらいの声が聞こえます。
ギターがウーマントーンで丸い丸い音を出しているところなんかありまして凄いし、またフィードバックも凄い。
ドラムがドタバタとしてるのが良く聞き取れたりします。

ギターもトリッキーなフレーズとか手癖も連発!!しかしベースのおかげでスカスカした感じも無く、ホントにカッコイイです。そしてティム ボガートのベースソロへ突入します。

個人的には、ドラムソロは勘弁して欲しいのですが、ベースソロは聞いてしまいます。

ベースとドラムだけで何十分も良くやるよね!!!BBAの日本公演でもやっていました。

もう歪んだ音が混ざったこのベースソロはチョーキングまで出てきて、また早弾きまであって凄まじい。
ただ、どのベースソロも同じ様なものなんですけどね!

ただ単に、弾きまくるのではなくてドラムとつるんでビートのある部分があったりと聴いていてあんまり飽きません。

ベースの弦も4本同時にコードを弾いたりと、アグレッシブにプレイしています。そして再びプリンスへ戻ります。

ボブも頑張っています。でもキーボードがあまりにも聴こえてきません。たぶんこのようなことがあってマックスはバンドを脱退するのでしょう。

終わると大喝采が巻き起こります。ジェフがベースソロのことを紹介しています。

そして Got the feelingが始まります。つづき

ロッド時代のプリンスです。結構キレイな映像です。↓




モノマニアのちょっとロックなストライプ マフラーです。
興味のある方は、是非覗いて見て下さい。↓


松井ニット技研ストライプ・マフラー2009 ポップレッド





今日のリンクは、マシューソープ

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

72年8月13日 ハリウッド パラディウム コンンサート パート2です。

#4 tonight I'll be staying here with you この曲はいつもギターソロが聞きモノでしょっちゅうプレイしてます。第2期ベックグループのライヴではいつもプレイしたました、BBATMでもやはり演奏しています。

ギターソロから入ります、すぐさま客の反応がありこの時点でも良く知られた曲なんですね!

歌の間のギターフィルもけっこう真面目にやっています、サビはギターがコードをジャラーンと弾くところがジェフでは珍しいですよね、カーマインとティムもちゃんとコーラスで参加してます。

ソロは押弦引きなんですが、途中にスライドバーを右手に持ちワイルドな事をしており、ボブも熱唱しています。

2回目のソロもオフィシャルと同じようなソロを決めています。いつもメロディアスにソロを弾いています。
そしてメドレーでピープルゲットレディをプレイ。

これも3人で歌う場面があったりと、イマイチの選曲のこのライヴでも少し光っています。

#5 ニューウェイズ
少しチューニングがあってから、ドラムのフィルで始まります。ボブの声がえらくガラガラに聴こえますね、大丈夫か?

前回の音源より音がよいので、上手く、キレイにまた楽器の分離もしていて聞きやすいですし、カッコイイ!
リフと展開地獄の曲なんであんまり無茶はしていなようですね。

ソロは、いつもと大体同じです、でないとこの展開とサビ地獄は、突破出来ないのでしょう。
そしてつづくトレイントレインも割りと同じような感じです。ただベースがたまにぶっ飛んだ事をするとジェフもコール&レスポンスして聞いていてオモロイです。

ソロは、入るところを間違えたり、結構リズムも甘くいい加減ではあるけどいい感じってところです。ベースとギターの掛け合いの場面など凄いところがあったりします。それはベースの音色とハードなドライヴする弾き方なのです。

ギターと客の掛け合いもあります。雰囲気を見はからってカーマインがドラムを叩くってのもあります。
コージーがドラムの頃のこの曲のライヴでは長々と10分以上プレイしていましたが、これでは割りと短いです。

つづく

曲はベックのボレロ↓
UDO MUSIC FESTIVAL 2006 Live at Fuji Speedway 2006.7.22
Jeff Beck (g) Jason Rebello (key)
Randy Hope-Taylor (b) Vinnie Colaiuta (ds)




オンキョーダイレクトでは、今アウトレットがお薦めです。興味のある方は、是非覗いて見て下さい。
下のバナーをクリックしてホームからアウトレットをクリックして下さい。↓

オンキヨー公式ショッピングサイト ONKYO DIRECT





今日のリンクは、マシューソープで体臭予防

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

1972 jeff beck group

今日は、72年8月13日のライヴです。
前回から2日後のライヴで、まだこの頃は5人でプレイしています。またこのブートは最近発掘された音源でとにかく音が良い のが売りでした。しかし選曲がイマイチと思います。

では、いきます。

#1、オーディエンスから始まります。このオーディエンスの音が入っていると臨場感が出てワクワクしてきます。
いつもの、アイントスーパーステションのイントロだけ出てきて客を煽ぎます。客がなにやらベースがどうのこうのと言っており、コノベーシストは知っているかい?知らない!とか云ってるみたいです。

それはそうでしょう!ジェフが数日前に自分勝手にめんばーを変えたのですからね!そして軽いチューニングからマックスがお得意のジョディをピアノでプレイします。これはイントロで次の曲であるゴーイングダウンの前奏曲みたいなものです。それにしてもドラマチックなピアノ、客の手拍子も出てきます。

とにかく音もですが各楽器の分離度が高く聴きやすいですね。

ピアノだけでなくハイハットの音も聴こえます。

#2そしてゴーイングダウン 上手い事全員が突入!ピアノが結構ホンキートンクしています。ボブの歌はいつもと同じテンションで良い感じで入ります。

ギターソロは割りと良いですしアームもガンガン使い、トリルも連発!フィードバックも出ます。ストラトらしかぬ少し太い音です。

そして曲の最後あたりで、カーマインのドラムフィルが、そして終ります。ボブのサンキューって云う声が輝いて聴こえます。ノリノリなんですね。

#3 そして迷信です。2日前のテイクよりファンキーさは、減っています。でもハードロックになるのはまだまだです。ギターのカッティングがダサいな!

リフは普通に弾くのに、なぜバックだと甲もダサいのか?
キーボードがクラビネットのいような音で跳ねるようです。ここでのギターソロはエコーがかかっており少しだけスペーシーでハードなギターソロです。

ベースは狂気の用に凄いです。野太いし引きずるように弾くところがあったりします。
サビがもうBBAと同じだったり、他の部分はえらくファンキーだったりとまだまだ決まっていないようです。

またヴォーカルが3人聞こえるところとかあって、楽しいです。

エンディングが少し未完成にも聴こえますし、最後の最後でジェフがトチッテます。

今日は、ここまでです。つづく

the arms' concertです。
MSG 9th dec 1983.
jeff beck/guitar
ron wood/guitar
jan hammer/keyboards
fernand sanders/bass
simon phillips/drums
kenny jones/keyboards






モノマニアです。ここはロックっぽいアイテムがあります。興味のある方は、是非とも!覗いて見て下さい。↓

ガンプラパーフェクトグレード

今日のリンクは、マシューソープで男の体臭対策

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

1972年8月11日サンノゼ シビックセンター ベック、ボガート、アピス、テンチ、ミドルトン パート3です。

BBA&TM3


前回のつづきです。
#9レットミーラブユー
これも、昔からやっているレパートリー、今回も出てきました。
ボブの搾り出すようなヴォーカルが印象的です。アレンジは、後のBBAと同じです。

当然、客との掛け合いもありますし、またヴォーカルを取れるメンバーがボブの他に2人もいるんで歌いだしたらすごいですね。

何箇所かで歌っています。

掛け合いの部分がやけに多く、同じ事をずっとやっているところが、やっぱりライヴのいいところなんでしょうね。

曲が終わると大喝采です。おまけに最後の曲なんで、みんなのアンコールがすごいです。

BBA&TM4

ながーいアンコールがあって(録音されている)再びバンド全員が登場!!
すぐさま#10のジェフズブギーが始まります。

ラウンドハウスのときの酷さはありません。ちゃんとプレイしてます。またベースとドラムの迫力のあること。
さっすがハードロッカーのティムとカーマイン

真ん中辺でギターだけになるのですが、えらくワイルドでぶっ飛ばしてます。プリングオンオフ、トリルなど手癖が連続して出てきます。じゃじゃ馬百万長者のテーマのこの頃から出てくるんですね。

これは、BBAの来日公演でも出てきました。またヤードバーズ時代の曲のリフなんかも出てきます。
客は大喜びです。

そして終わりかと思ったら、まだまだアンコールの歓声が続き、(これも長ーい)
そんで、始まったんが#11オレオです。これはカクタスかヴァニラファッジの曲だったと思います。どちらも持っていないので分かりませんが、ようは、ティムとカーマインがいたバンドの曲。

普通のブギー曲で短い曲です。別にたいした物ではないですね。ではここまで、この面子でのライヴがもう1枚あります。2・3年前に登場した物で、音質がいいと云われており2枚組です。が選曲がイマイチなんですね、でも紹介したいと思っています。つづく


今日はモノマガジンのカッコイイウォッチです。
興味のある方は、是非!覗いて見て下さい。↓


モノ・マガジン オンライン

CITIZEN INDEPENDENT [AUTUMN WINTER 2009] SQUARE Black×Black(ITB21-5201)
ハードな男らしさの中にも、「上質なエレガントさは何か」を追求した、スタイリッシュなニュープロダクツ



税込価格:18,900 円
What is the Men's Elegance.

INDEPENDENT 2009AWのシーズンテーマは「What is the Men's Elegance.」。ハードな男らしさの中にも、「上質なエレガントさは何か」を追求した、スタイリッシュなニュープロダクツの登場。


INDEPENDENTのニュースタンダードデザインが登場。クールなスクエアフォルムに、心ゆさぶるスタイリッシュバンド。コンセプチャルなデザインに実用性を兼ね備えたモデルです。


INDEPENDENTは1996年から2000年頃に、アーティストやデザイナーとのコラボモデルなど、独自のスタイルでコアなファンに絶大な支持を受けたシチズンのウォッチブランド。

「独立」を意味するブランドネームに込められた、既成の価値観やカタチにとらわれない「自由な価値観」というアイデンティティは引継ぎつつ、独創的でモード感溢れるデザインのファッションウオッチとして復活。




今日のリンクは、男の体臭対策マシューソープ




テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

1972年8月11日サンノゼ シビックセンター ベック、ボガート、アピス、テンチ、ミドルトン パート2です。

BBA&TM2

#6プリンスです。もう音が風呂の中状態です。でもジェフノギターがすっごく聴こえてカッコイイです。
もうこの曲とかはBBAのハードロック大会!ボブが唸って歌ってます。なんせ音がデカ過ぎるかな!!

ギターソロはといえば、何時もの手癖はもちろんの事、滑るように弾いているところもあって聞き入ってしまいます。

そしてベースとドラムだけになり、ベースソロが展開されます。BBA時代にはドラムとベースの各ソロがあって、この時ジェフは裏でビールを飲んでいるんですね!!ジェフはビール好き!

そしてこのソロの部分はもうベースでチョーキングなんかして凄い事になっています。そうしてたら今度はドラムソロもチラッと入ってきます。

キーボードの存在は無いです。

そんで、ギターが入ってきてもうガンガン飛ばしています。
またまたベースソロが始まり、ブーンブーンと唸っています。

ここだけ聴いていると何なのかサッパリ分かりませんね!

BBA時代と殆ど変わらない各々のソロは、BBA以前からあった事がこれで判明しました。

またベースとドラムがピタッと終わるところなんか、。さすがです。

そしてプリンスのリフが出てきて、ボブが絞りですように歌っています。

大喝采です。

7曲目 ゴットザフィーリング
またまた出ました、この曲!

音がどんどん酷くなってきました。かろうじてキーボードも聴こえます。
この曲のサビはメローでカッコイイですね。

モコモコになったりしゃきっとしたりと音の変化の変動が多いです。
ソロはなかなかイイです。スライドギターも登場、凄まじいほど弦に擦り付けてます。また上へ下へと音が蠢く。

クロマチックでドンドン下がってくるギターは聞いていて、また手癖!!って言いたくなります。

そして、ドラムがドカドカなってエンディングに突入!終わります。
つづく

超有名なPVです。↓





パイオニアノヘッドフォンです。これ買いました、なかなか低音が凄くてナイスですよ!
興味のある方は、是非覗いて見て下さい。↓
音楽発犬!しあわせヘッドホン15色パイオニアから発売中

このパイオニアのヘッドフォンのレヴューもしました。
こちらから見れます。→パイオニアのヘッドフォン レヴュー

今日のリンクは、人気の育毛剤 りょうが です。

テーマ : ギター - ジャンル : 音楽

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。