上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、キムが首になりボブテンチが復活したBBATMのアメリカでのライヴです。

BBA&TM

キムミルフォードは一週間でクビ!
理由はライヴのパフォーマンスがいまいちだったとか!

そんな理由でジェフが首を切った!(えげつないジェフベック)
家でビールを飲んでこれからのことを考えていたボブに突然電話で呼び戻される。

このブートはカリフォルニアのサンホゼでのライヴと言われています、が本当のことはわかりません。

#1 keyboards solo-going down
音質はこもりまくり、かなりの団子状態!かなり悪い音ですね!
ただこの直のメンバーがレアなだけに持っていてもいいでしょう。

ギターのチューニングから始まります。
例によって、ain'tsuper~~のイントロを遊びが入っており
客を煽っています。

マックスがJBGⅡの中の曲、jodyをピアノだけでプレイ。
この曲は、マックスが作曲したんだという事がよく分かります。

コード進行がドラマチックで美しいです。

そしてゴーイングダウンのイントロへと変わります。

いつしか客の手拍子が入ってきてブギースタイルになり、
曲に突入します。

ギターがえらく遠くに聞こえます、歌はなんとか聞こえますが
こちらも遠くで聞こえます。

ベースがやたらボワーとしてて、ヘッドフォンで聞くと
もう眠たくなりますね。

またギターがコージートクライブチュアマンが在籍してたときより
サスティーンが効いておりえらく伸びた音が出ています。

歌はボブなんで何時もと変わりないです。

#2 迷信
スティーヴィーワンダーのテイクによく似たファンキーなリズムで縦ノリのビートです。

後に3人のBBAになった時とは、全く違うアプローイでプレイされてます。

しかしながら音質が最悪で、まるで風呂やでなってるみたい!!

でも時折聞こえるエレピとかギターは酷いプレイではないです。

団子状態ながら淡々と演奏がされて終わります。

#3 tonight I'll be staying here wiht you~people get ready
ギターから入ります。
JBGⅡのオレンジアルバムからの曲。

ボブはなんなく歌い上げています。
この曲の聴き所は、ちゃんとメロディーのあるギターソロでしょう。

コーラスにベースのティムとドラムのカーマインが参加してて歌に迫力と奥行きを感じます。
途中に誰かが鳴らすホイッスルの音が聞こえますね!

何の音なのか分かりません。

そしてギターソロです。
なかなかドラマチックなソロでスライドバーでブリッジあたりに弦を叩いたりしてます。

歌のバックにも結構ギターが絡んできます。
2回目のソロはオフィシャルと同じところもあります。

メドレーで次の曲が始まります。
コーラス付で、ベースがとても良く歌っています。

リードヴォーカルがボブではないようにも聞こえます。
エンディングはまるでクリスマスチャペルの様になり

男3人だけのアカペラになったりします。

#4 new ways ~train train
前曲といい、こちらもジェフの好きな曲です。

この曲では、バースとドラムも結構慣れており、聴いていても
安心して聴けます。

ブレイクでドラムのフィルが入るのですが、他のメンバーがとちってます。

ギターソロに入るとこはオフィシャルに似てます。
ソロは普通にいいです。

そしてキメのインスト部分はあまりにもいい加減で
ジェフの気まぐれさが良く出ています。(あまりにもお粗末でダサい。)

そして、トレイントレイン
ギターソロも普通にプレイ!
そんで、チューニングがあってから

#6 Deffinitelly maybe
ドでかいドラムで始まります。
手堅いプレイでギターも伸び伸びと演奏してますね!

マックスのエレピとギターが上手くハモっています。

テーマが終わりアドリブの場面は押弦とスライドが交差しながらギターを弾いています。
スライドバーを右手で持っているんでしょう。

また、例によってスライドバーをブリッジ付近の弦に叩きつけたりもしてます。

ティムのベースも押さえが利いており、ギターがくっきりと良く聞こえます。

結構長いギターソロの後にマックスのアドリブがあります。
ベースとドラムがほんとに良い感じでプレイされています。

特にベースが4ビートでランニングしてるところなんかカッコイイですね。
そしてドラマチックなソロが終わり再びテーマに戻り無事に終わります。

つづく


最近のライヴですが、
スティーヴィーワンダーと迷信をプレイしてるジェフとエフェクターが見れます。


パイオニアノヘッドフォンです。これ買いました、なかなか低音が凄くてナイスですよ!
興味のある方は、是非覗いて見て下さい。↓
音楽発犬!しあわせヘッドホン15色パイオニアから発売中

このパイオニアのヘッドフォンのレヴューもしました。
こちらから見れます。→パイオニアのヘッドフォン レヴュー

今日のリンクは、人気の育毛剤 りょうが です。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

1972年8月1日 ピッツバーグのジェフベックグループ パート4

久しぶりにジェッフのつづきです。
8 Let me love you
ハードロック仕立てのアレンジが凄まじくすごい!
というより このメンツだったらこうなる!!のでしょう。

キーボードなんてもうなんにも聞こえません。
そしてコノテイクは全曲入ってもいません。短い!

ただしカッコ良過ぎます。音は悪いが!!
キムとカーマインとティムの3人が歌うところがすごい。

9 got the feeling
フェイドインしてきますが、もう曲は始まっています。
キムが大声で叫び歌っています。

曲の展開といいリフといい、良い曲でアッパーで
スピード満点のドラムとベースのカッコイイハードな演奏に触発されたジェフが
生き生きとしており、ソロもむちゃくちゃなんやけど
ぶち切れたところから、スライド奏法まででてきて楽しいです。

またカーマインのシンバルワークが良く聞こえる場面とかがあってカッコイイです。

しかし、音はかな酷いですね!!

BBAの有名なヴィデオです。画像は最悪ですがレアなものです。


パイオニアのエジソン式コップ蓄音機です。
興味のある方は、是非覗いて見て下さい。↓

PMJ-G1575020800

今日の新着の無料サンプル

テーマ : ギター - ジャンル : 音楽

今日はjesus&mary chainの
4枚組み BOX

the power of negative thinking B-sides &parties
についてご紹介します。

jesus&mary chainのthe power of negative thinking B-sides &parties


内容や曲名どのヴァージョンや
どのミックスとかいう話はとりあえずおいといて

とりあえず仕様から説明します。


まずは、これが曲名。

だいた分るよね?

jesus&mary chainのthe power of negative thinking B-sides &parties2


まあB面とかデモとかアルバム未収録の
音源がメイン。

初めてでる曲が7曲です。
jesus&mary chainのthe power of negative thinking B-sides &parties3


12インチやミニアルバムを購入されていない
方の場合は初めて聞く曲が多いでしょう。

で、中身はというと
トラックリストやら載ってます。
jesus&mary chainのthe power of negative thinking B-sides &parties7


こういうのも載ってます。
jesus&mary chainのthe power of negative thinking B-sides &parties8


そしてバンドツリーとかいうやつ。

ジザメリのこんなのは初めて見るので
ちょっと面白いです。
jesus&mary chainのthe power of negative thinking B-sides &parties4


そして、こちらはシングルのジャケ写真。
jesus&mary chainのthe power of negative thinking B-sides &parties6


なかなか豪華なBOXです。

ただ中身はたいした写真とかは
載ってません。

あいかわらずの薄ぼんやりとした
写真かな?

でも、基本的にジザメリが好きであれば
楽しめるBOXです。

またマニアな方が聞いても楽しいです。

次回は各曲について
どのシングルやどのアルバムから
カットされたのかご紹介していきますね。


ジザメリはやっぱオークションが
一番多くありますね。

JESUS AND MARY CHAINで検索するのが
一番出てきますね。

一度、検索してみて下さい。




これは2007年05月01日のライブ

曲はヘッド オン。

ピクシーズがカバーした曲です。



こちらはホープ サンドヴァルとのテレビライブ

1994年 11月のもの



今日のリンク
ロクシタンの人気商品


テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。