上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビートルストーリー3

カイザーケラーはビートルズ以外にもリヴァプール出身のハリケーンズがいた、ドラムはリンゴスターであった。

アストリッド キルヘア(マシュルームヘアと襟なしジャケット発案者)とクラウスヴォーアマン(リヴォルバーのジャケット作者
)と出会うのもこの時期。

彼らはこの異質で斬新なサウンドとステージングの虜となる。

1960年11月にジョージがビザなしで強制送還、ギャラもめでトップテンクラブへ移籍
直後12月にはポールと ピート(放火容疑)で国外退去を喰らう。トップテン オーナーの報復だった。

リヴァプールに戻った一行はキャバンクラブでステージに出演

ここはロックバンドあこがれの舞台だった

彼らは292回のステージをこなしたのだ

1961年3月再びハンブルグ トップテンに出演この時にマシュルームカットが生まれる

アストリッドはリーゼントが大嫌いだったのでこうなる。

襟なしスーツは彼女がピエールカルダンをアレンジして作ったものだった。


スポンサーサイト

テーマ : ビートルズ関連 - ジャンル : 音楽

初期のクラブでのライブ62年12月31日について。

偉大になる前のステージで気合といいパワフルでかなきり声もなく
選曲もR&Bの黒っぽい曲目白押しの超カッコイイライブです。

身近に感じる音像はクラブ録音の賜物です、ビッグになるとこうは行きません
(クラブではライブが出来ない)

ジャケットは色々ありますがスタークラブ62ライヴと云う文字があればゲットしましょう。

1962年10月5日マネージャーブライアン・エプスタインの元で、念願のレコード・デビュー

エプスタインの買い込みあり 順調にチャートインしてから、11月セカンド・シングルを録音

英国内で出演する会場の格も上がりつつあった年末ですが
(西)ドイツの港町ハンブルグへの巡業契約は残っていました。

最初に出演した時は当地でのトップクラスのロック演奏系クラヴで
喜んだビートルズですが全く魅力のない仕事になっていた

伝説は、
このステージを家庭用のテープ・レコーダーで録音テープ存在。

ビートルズが成功後に,エプスタインに買取要求を拒否され,その後は物置に放置,

1977年に テープの価値に気付いた人物達により突然レコード化(現在はすべて廃盤)

レコード化するにあたっては、保管状態の悪さもあって、編集 ドイツ初盤は2枚組26曲で発売

後に発売された米盤2枚組では4曲が入れ替わって登場。

元テープを知ることができないファン達は、大晦日31日に演奏された合計30曲を収録した
音源と思いこんでいました、その後、ブートやサンプラーテープ等でさらに他の演奏も発見される。

1997年に発行された研究本『FROM CAVERN TO STAR CLUB 1957-1962』
で初めて、3日のステージをそれぞれ録音合計3本のテープから構成され事実が
推理され発表されました

誤解が多く謎の多いライヴで、リンゴがドラムのデビュー直後のビートルズ

エプスタインの定める枠に収まっていないワイルドなステージを貴重な録音!
つづく


テーマ : ビートルズ関連 - ジャンル : 音楽

ビートルストーリー2

カレッジの教授も一目置くほどの才能を持ったステウは画家の卵で美術展に出品し
獲得した賞金で65ポンドのベースギターを買った。

決まった名前も無くバンドをしていた彼らはかぶと虫と音楽のビートを混ぜて
BEATLESと名乗った。1960年の事

何度か出演していたコーヒーバー経営者のアラン ウイリアムズに
マネージャーをしてもらいこの夏にハンブルグ行きの話が持ち上がった。

巡業目前にポールの先輩でカスバクラブの女主人の息子ピート ベストがドラマーとなった。

ハンブルグ入りした彼らはバンビ キノと言う汚い部屋に寝泊りいながら、インドラ クラブに出演

その後営業停止になってカイザー ケラーに移って演奏する。

客の受けが悪かったのでマック ショーでド派手に動き回り破天荒なぶっ飛びステージをかまして

バカ受けをする。・・・・つづく


テーマ : ビートルズ関連 - ジャンル : 音楽

初心者の為のビートルズが始まります。
第一弾!1957年

ビートル ストーリー

1957年17才のジョン レノンは、ウールトン教区教会でのガーデンパーテイーに出演、
この時、ポール14才に出会う

この日の録音テープが94年、奇跡的に発見され、
ブートレッグCDに収録されているタイトルはputtin' on the styleといい

EMIレコード会社が入手
(アンソロジーシリーズ)に収録されると予想されたがボツになりました。

音質は悪いですがここで聞かれるヴォーカルは紛れも無く17才のジョンです。
1958年ビートルズの前身である

クオリーメンが指導開始。この年の夏にジョンの母ジュリアが非番のオマワリに車で轢き殺される

その事件をきっかけにポール(母を癌で亡くしている)と同じ悲しみを共有、二人の絆は一層深まる
この頃から作曲に取り組む(ラブ ミー ドウー、ONE アフター909)がある。

そして1年以上ただ食いを条件にパーテイーで演奏活動、
その後カスバ クラブ(ライブハウス)で定期的に出演する。

金のこじれでメンバーがちょこちょこ変わってジョンのマブ連れステュ サトクリフがベースで参加・・・つづく


テーマ : ビートルズ関連 - ジャンル : 音楽

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。