上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の富士ロックは、けっこうビッグなアーティストがやってくるようです。私の好きなナインインチ、マイブラ、キュアーがやってきます。

まあマイブラは、この間来ましたがねー。

アルバム1枚しか出していないマイブラが、なぜ?こんなにも人気があり、評価されるのか?個人的には非常に分からん部分ありますが、それも評論家たちの操作なんでねー。何とも言えない部分ありますよ。

あとビョークもきますな・・。

ビョークは、もう、ミュージシャンと言うよりは詩人ですさかいな。

まあビミョーっちゃあ、ビミョーな方ですよ。


富士ロックは、どちらかと言いますと、そんなに大したことないなーって感じっす。



かたやサマソニは、子供に人気のリンキン、メタリカとクソのようなバンドきます。スマパンはまあ許してやろうぞって感じっす。

まあサマソニの方が魅力はありますよ。個人的にはサマソニがおすすまかなー?でも、見たいバンドが出てるってのが一番重要やからなー。

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

今年のサマソニには1987年以来、2回目の大阪の地を踏みにニューオーダーがやって来る。

2001年、2005年とフジロックでは2回日本に来ているニューオーダーやけど、大阪の地を踏むのは1987年以来。ニューオーダーファンの感激もそらひとしおやと。

そんな私もニューオーダーは学生時代大好きなバンドの一つやった。

理由はニューオーダーの音楽性うんぬんよりも、そのバンドの背景にものすごく文学的な物を感じたから。

music



ニューオーダーと言うバンドは前身がジョイ ディヴィジョンと言うバンドでね。当時はイギリスのパンク全盛期であったから、ジョイ ディヴィジョンのボーカルであるイアン カーテイスのへんな動きとへんな歌い方は最高に受けた。

もう本当に最高に受けた。

これはファクトリーレコードの歴史?みたいなんを描いた『24アワー パーティー ピープル』を見ても、とてもよく分かる。(この映画見てない人は見たら面白いよ。ニューオーダーの誰一人本物は出てないんやけど、見たらすぐに『あ、これバーナード サムナーや』ってすぐに分かる。)

そんなジョイ ディヴィジョン最盛期の売れに売れてる時期に、ファクトリーのトニー ウィルソンですら輝ける未来を見つうめていた時に、ジョイ ディヴィジョンのボーカルのイアン カーティスは首吊り自殺をする。

それもアメリカツアーへの出発当日にや。

この時のイアンの自殺がどんなに衝撃的やったか?は『24アワー パーティー ピープル』を見ても痛いほど分かる。ウィルソンの衝撃のすごさが映画からでも見てとれた。

しかし、ここで残されたメンバーはくじけない。新たにニューオーダーと言うバンドを結成し、作った歌が『ブルーマンデー』。

イアン カーティスが自殺した月曜日を歌った曲や。

これがまた暗い歌でね。ボーカルやったイアンが死んだもんやから、変わりにギターを弾いてたバーナード サムナーが歌ったんやけど、バーナード、サムナー自体が暗い感じやったからね。

つまり暗さに輪をかけて暗かった。

ところがまた、当時のイギリスはそろそろパンクに飽きだした頃でね、どっちかと言うと暗い感じが受け出しだ時代やったから、この暗いブルーマンデーは最高に売れた。

もうニューオーダーと言うとブルーマンデーってぐらい代表曲になった。

こういう背景がね、当時高校生で授業中ですら三島之夫にはまって金閣寺とかを読んでた私からしたら、もう最高に文学的なモンを感じたんよ。

はあ~スゴイみたいな感じでね。

それに当時、こんな自殺を乗り越えて、しかも残されたメンバーがバンドを続けて歌を歌うなんて無かったから。(ニルバーナでさえフーファイターは別のバンドって感じやからな。)

そしてニューオーダーは新しく女性のメンバーを入れ、さらに音楽的にもエレポップ的な感じになっていく。つまり暗さはちょっとづつ無くなっていく。そしてさらにバーナード・サムナー自身の作るメロディもポップな要素が入りだし、とても聞きやすい楽曲になっていく。

なので権力の美学のあとに出たロウライフと言うアルバムは非常に聞きやすい。

そして1987年に初となる大阪の地をニューオーダーがやって来る。場所は大阪の御堂会館であった。もちろん私もライブに行った。

当日はニューオーダーと言う事もあり、どちらかと言うとインディーズ系の暗いファンが多かったんで、ファンもパンクの人などほとんどおらず、熱狂的に叫んだり、騒いだり、も全く無し。皆静かにちゃんと席についていた。

そんなファンが御堂会館に入って来る中、ニューオーダーのメンバーであるスティーブン モリスは会場の入り口に一人佇んで鼻をほじっていた。誰一人気づいていなかった。それぐらいインパクトが無いと言うか、分からんと言うか・・・・。

そして始まったニューオーダーのライブはイギリス人らしく、広いステージをアンプやら何やらで自分達を取り囲み、とてもこじんまりとさせていた。

おまけにカメラ泣かせのイギリス人らしくステージも暗い、暗い。

おまけに、おまけにイギリス人はアメリカのようなパフォーマンス性も全くないので、メンバーもほとんど動かんし。とても当時のイギリスのライブらしいライブやった。

そんなニューオーダーが25年ぶりに大阪の地へやって来る。

そして25年ぶりにブルーマンデーが聞けるのだ。こんな感動があろうか?ブルーマンデーと聞くと同時に当時を思い返すファンは山のようにおるやろう。

80年代のインディーズ全盛期のあの頃を。

そして当時は異端のような扱いをされていた我々ファンもメンバーも今はあの頃の影すら思い起こせんぐらい開放されている。そんな中で聞くブルーマンデーはまた新たな歴史を私たちファンの胸に刻みつけてくれる事やろう。

そんなニューオーダーのアルバムの中でも個人的におすすめするのは、もちろんロウライフと言うアルバム。先にも書いたけど、エレポップの要素が取り入れられ、非常に万人にも聞けるぐらいポップになった。

そして、このロウライフこそがインダストリアルと言う新たなるジャンルを生み出したと言っても過言では無いと私はおもう。

そらナインインチネイルズのファンからしたら、ロウライフなんかインダストリアル的な部分はほとんど無いと思うやろうけど、ニューオーダーを当時から聞いていた私からしたら、ニューオーダーとデペッシュモードがおったからインダストリアルと言うジャンルがアメリカで生まれたんやと。

つまりナインインチもニューオーダーがおらんと生まれんかったんだよ。

そんなロウライフと言うアルバムはもちろんHMVにもある。ニューオーダー、new orderのどちらで検索しても出てくる。

ついでに、もちっと詳しく説明するとHMVにはマルチバイなる物があり、3点買うとかなりの割引が適用される。つまり、かなりお得に買えるのだ。

なので3枚おすすめする必要があるんで、あとのおすすめ2枚も書きますと、

get ready
substance

どこを取ってもニューオーダーのアルバムですよ。

music2



今の時代は何でもかんでもダウンロードやんか?ジャケットもソフトもいらんと言う音楽だけを売ってる時代。音楽だけをダウンロードで買うなんて最高につまらんぞ!と私は声を大にして言う。

やっぱ音楽ファンやったら、CDと言うもんを持ってだね、すべてを楽しまな。

それにCD持ってると言う事はやっぱ違うよ。それはCDを持って初めて分かる。さあ昔ニューオーダーファンやった方も、新しくニューオーダーを聞いてみたいと言う方も、サマソニまでにはまだまだ時間があるよ。今からでも遅くない。

持ってないニューオーダーのCDを買って、今から楽しむのだ。

そうや、ライブに行って知らん曲を聞くのほどつまらん事はないからな。サマソニ前にあらかじめ聞いて予習をしておく。大切な事ですよ。

ニューオーダーに興味の出た方は、こちらからHMVをのぞいてみて下さい。



HMV ONLINE
HMV ONLINE音楽TOP






テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

73年5月14日 東京公演 BBA ブート2CD パート3です。

去年の暮れにCSTVで第二期ジェフベックグループの映像がやっていた。
それも 最近ブート界で言われていた音源の映像版だ!

1曲だけは、以前から何回か見た事あるモーニングデューの映像だ!
コージーパウエルが見れる優れもの映像や!

マックスミドルトンやボブテンチ、そしてクライヴもじっくりと見れた。
年末にしていたのは、たしか7曲分の演奏映像だ!

こいつぁ凄いんで早速録画した。
ブート界では、毎日アーカイヴ音源の発掘がされている。

メールマガジンで新譜のブートを知らせてくれるショップもある。
見ていたら、去年の暮れに死んだキャプテンビーフハートの3枚組ブートCDRが2500円で出ていた。

このキャプテンビーフハートのCDは、83年やったかな?引退してから
いろいろリリースされている。

オフィシャルでリリースされてはいるのだが、クセもんが多く、
音悪い、いろんな日のライヴでが混ざって入っている。
時には、他のCDとダブっている。

まるでブートサウンドの音源をプレスして出しているだけのようなモンもある。
(まともな物もあるのやけど・・・・・)

これからまだまだリリースされそうな雰囲気もある。
中には、お蔵入りした作品も1個や2個ではない。

93年に亡くなったフランクザッパも死後のリリースは凄まじい。
時には4枚組、最近やと3枚組やインタヴューの中に1曲だけ音楽入りとかあって、
ファンは頭が痛い。

ジェフもお蔵入りしたモノもあるし、まだまだ見た事の無い映像や音源は何時出てくるかわからへん。

またキングクリムゾンやジェネシスやキャメルなども、
お蔵入り音源をプラスして2CDやDVDオーディオや
別のフォーマットでどんどん出ている。

そう云えば、ビートルもステレオやモノミックスのBOXセットが2組も出ていたが・・・
持っているのに今更買う気にもならん!

レコード会社は上手に金儲けするよな!



★BBA ライヴイン東京です。

#11 jeff's boogie

前曲のブルースになるところは
ブルースデラックスって言う、ロッドとやってた時の曲がインクルードされていた。

そして、ジェフズブギーが始まる。
MCがあってジェフがハーモニクスでチャイムのメロを軽く弾く

チューニングも兼ねているのはミエミエだ!
そして始まる。

いきなりメリーさんの羊が出てくる
そしてとちりながら再びチャイム
そしてヤードバーズのリフが出てきて

今度は、ディミニッシュコードでドンドン上がって行き
手癖一杯のブルーノートで決める。

オフィチャルBBAジャパンよりいい演奏だ!
オフィシャルは大阪2日間からチョイスされたものやったが

東京ライブの方が良いテイクがあるぞ!

そしてブレイクしてギター1本になり
ジャジャ馬になる。

ブレイク後 凄まじいスピードでリフが鳴り
全員が参加して終わる。

アピスとボガートは一体この曲が好きやったのか?
曲数が少ないのでやった曲やろうけど ふと思った。

#12 Why should I care

キメの多い(と言ってもザッパ程やない)ブギー
この曲の醍醐味は、やはり歌の後に来るソロだ!

このソロへ行く寸前の一体感がカッコイイ
ソロになれば、いつもの手癖だ!

それにしてもノリノリのブギーだ!
今のジェフには、こんなパワーは無い。

そしてこの曲のもう一つの聞き所は、コール&レスポンス
ベースとギターの掛け合いがある。

しかしだ、また」ここでも手癖と今までのリフがこれでもかって出てくる。
やはりジェフはギター職人でアーティストとは違う。

ろくに作曲も出来ないが、ギターを弾かせれば世界5本の指に入る。
なんでもジェフは、毎日ギターを数時間弾き
それもベッドの横に置いていると言っていた。

そして気が向いたら弾き、閃いたら弾き、朝晩弾くと言う。
毎日毎日ギターを弾いていれば、ジェフのように弾けるやろう!!!

話が飛んでいったが・・・
で、この曲と言うかこのCdは少しスピードが速い気もするなぁ!!

まあ無事に着地成功で曲は終わる。
なぜか手拍子が・・・曲順が違うのやろか?

#13 Plynth

もうこの曲は、ロッドの方が断然言いのやけど
演奏となればこっちが良い。

BBA結成前にロッドに参加を断られたんやったな
そりゃそうだぜ! ロッドがこんなウルサイバックで歌えるわけが無いし、
歌うわけも無い。

リフがカッコイイ曲だ!
なぜか演奏は萎んでいき次の曲へ行く。

#14 Going down

どう聞いても回転が速いぞ
手拍子も早い早い

とにかく音が悪く全てが団子状態だ!
かろうじて歌とギターと手拍子はきっちり入っている。

ギターソロが目一杯入っているゴーイングダウン
むちゃくちゃ激しいソロだカッコイイぞ!

第二期からしたら短いテイクだ!
でも終わったら凄い喝采だ!

手拍子がつづく
これでコンサートは終わったのだ。

そして期待のアンコールになる。
つづく




関連記事↓
73年5月14日 東京公演 BBA ブート2CD



ヤフーオークションです。ジェフのブートはいやほどあります。
BBAのブートはあまり外れは無いです。

興味のある方は、是非!覗いてみてください。
ジェフ ベックかJeff Beckで検索してみてください。↓






今日のリンクは、ホラーです。



テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

ジェフベック初来日公演東京BBAです。
オフィシャルのBBAライヴインジャパンより凄い東京公演パート2です。

#5 Tonight I'll be staying hide with you

音質がショボイので迫力には欠けるけどジェフのオブリガートやフィルは結構入っている

全員コーラスのワンダーって言うところも頑張って歌っているやんか

途中にホイッスルみたいなのが聞こえる

そしてエコー(ディレイかも知れない)が深いギターソロ

もともとジェフベックグループ2の持ち歌
BBAはとにかく持ち歌が少なかった。

そう云えば 最近ネットでブート屋を見てたら
またまた東京公演の別場所でのオーディエンス録音2CDが出ていた。

音はいいらしいが、ブート屋のインフォメーションなんて信じられない!

話がずれたけど・・・

ギターソロの後直ぐに
#6 People get ready
になる。

考えてみたらもうかれこれ40年近く前のライヴやん
当時ジェフも30代、今よりアグレッシヴやったろうに

そして簡単に曲は終わる

特に書くことも無く、普通の演奏やな

#7 mornig dew

この曲は最近でもやっている、最近のブートに収録されているやんか
なぜかジェフは同じ曲ばっかりやるよな

この曲の魅力は、なんといっても歌メロとハードなリフに尽きる

もう残響と団子状態の嵐だぜ

しかしギターソロはジワジワと盛り上がってくる
ティムのベースは相変わらずぶっ飛ばしやん カッコイイ

手癖で決めるギターソロ、
どつきまくるカーマインのドラム

スピードがつき過ぎて凄い事になっている
そうこうしてたら 来ましたドラムソロ

ドタバタしてて誰だか直ぐに分るのではないか!

8分近くのドラムソロ お手上げやん

またまたトーキングドラムが登場
これはチーキングモジュレイターのアナログドラム版

この間2人はバックステージに戻り何をしていたのか?
ビールを飲んでいた!!!

そして一段落してから、手拍子が沸き起こり太鼓三昧と化す

そういや大阪公演もオフィシャルとは別にブートが出ていた。
オフィシャルは大阪2日間からのチョイスで曲順も勝手に変更されていたよな

また話がずれましたが・・・

そしてメンバーが加わりエンディング

この曲のギターコードのSUS4がとにかくスペーシーでベースと完全にペダルポイントにあって
響きが心地よい!!事も付け加えなければならん


#8 Sweet sweet surrender

カーマインのDo you feel alright?が鳴り響く

ギターがチラチラと音を出す

ギターが美しいトーンでコードを鳴らす
ピッチも合っている

ベースが絡んできて歌が始まる
その合間のフィルは、一体メジャーなんかマイナーなんかはっきりしろよ!

おまけにブレイクなんかも入っているやん

しかしヴォーカルの弱いバンドやな
キーの高すぎてイマイチだぜ

そしてギターソロ! 
ピッキングハーミニクスで這いずり回り

ミュートしてプリングオンとプリングオフの連発
そしてメジャーやのにマイナーで変に聞こえる部分も出てくる

この曲はブルースやないぜ!

歌が入り2回目のギターソロ
一回目より力が入っている

低音弦もふんだんに使われてる

そしてロングトーンでエンディング
そこで終わる

#9 lose myself with you
ここからディスク2になる

イントロからして何時もと違うアプローチが少しやけど聞ける

ギターのイントロで一瞬リズムがシャッフルする
珍しいよな

そしてブレイクしながら歌が始まっていく
ブレイクがあるだけでロック度が増してくる

そしてベースフィルが入る、この辺ゾクゾクする。

ギターソロだドラムのバスドラ連打は良くないよ

特筆すべきソロでもないよな
そして我等がティムのベースソロ

相変わらず即興なんでいつもどこかが違う
今回は?

思いっきりチョーキングをしてブイブイいわしてくれる
その内手拍子が始まる!

ベースとオーディエンスの手拍子だけになる
心地よいフィードバックも聞こえる、

そしてドラムが参加してくる
そして歪んだサウンドでベースが荒れ狂う

もう一体どうなることか?
デカイ図体のティムはベースをギターのように抱えて弾きまくる

ところどころで日本語が聞こえる
当たり前か!

そしてドラムがスピードを上げていきベースも炸裂状態が続く
そしてだんだん上り詰めて行き止まる

そしてジェフがティムを紹介
即座に全員参加 曲が始まる

これぞハードロックだぜ!ヘヴィーな場面だ
で、エンディングへと

大喝采!!!!

#10 Black cat moan

ジェフの歌とトーキングモジュレイターで有名な曲だ
ブルースやけどモダンなブルースとでも言えるかな?

中学生でも演奏できる簡単やけどカッコイイ曲や!

歌は下手やけどカーマインより良いぜ
ロックしてる

やっぱりリフがしっかりしてるとおのずとロックするんよな

歌の合間に入るフィルとリフ
歌と同時に弾かれるリフもいい

そしてサビ この部分毎回違う
今回は切れが悪いぞ

そしてブレイクまで入る
ソロと言うより全員で進んで行く感じ

そしてギターだけになる
この辺は凄く良い、初めて聞ける この場面
そしてユーシュックミーが挟み込まれてて始まる

トーキングモジュレイターが登場する
さすがブルースを弾かすとカッコイイ

まあ単なるブルーノートスケールやけど
それからトーキングをオフにして

ぐいぐいチョーキングしてブルースをかます
この辺は70年代当時日本のアマチュアバンドが真似ていた雰囲気がある

そしてブレイクして、再び始まるリフ
あっけなく終わる。

つづく


関連記事↓
73年5月14日 東京公演 BBA ブート2CD



ヤフーオークションです。ジェフのブートはいやほどあります。
BBAのブートはあまり外れは無いです。

興味のある方は、是非!覗いてみてください。
ジェフ ベックかJeff Beckで検索してみてください。↓






今日のリンクは、ホラーです。



テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

BBA Live in Tokyo2

今日は、オフィシャルCD大阪ライヴより凄い東京公演です。オーディエンス録音

音は悪いが内容はサイコーのブートです。

BBA日本公演は、ほかに名古屋があったっけ?
高い金を出せば全ての日本公演の音源は手に入ります。

持っているのは東京だけですが・・・

ジャケットも同じデザインで色違い!(結構あるね、この色違いは!)

話は飛びますが、昨日6月6日にCSTVで第2期ジェフベックグループのライヴが1曲放送されていました。

先月もやってたけど見逃した。
で、モーニングデューをプレイしてた。ストラトを持って動いているジェフが拝めたというわけ!

綺麗な映像デシタ。

#1 迷信

さてさて始めますね、
いきなりボワーッとノイズが被った音質!
録音者のカセットの調子だろう!機械のノイズまで拾ったんやろ!

で、この東京公演も数種類のブートがあるので
もしかしたら、もっと良い音質の物もあるかもしれない。

とりあえずは、ステレオです。

日本人のMCから、収録されています。

MCからかなり時間がたってからメンバーが登場
やけどなかなか出てこないので痺れを切らした奴等は手拍子!またか

そんで、メンバーが出てくる。
軽いチューニング

ジェフがなにやら喋る
そして、トーキングモジュでかましてくれる。

イントロと同時に手拍子(またかうんざり)
でも直ぐに止まってしまう。

あ~~これはブートならではの音

迫力はあるが輪郭は無い。

歌が良く通るサウンドで、まあ出だしは普通にやってくれます。
そして、ギターソロは、白熱しろる

悪い音ほど臨場感と白熱感があるのは何故だ!?

当然手癖のみのソロですね。

無事にエンディングへと行って終わる。

#2 Livin' Alone

ギターのリフから始まります。
ドラムとベースが入ってきて音がやや団子状態になり、
ブレイクでギターが何時もと少し違います。

そしてカントリータッチの場面ではハーモニクスが出ます。これも毎回違うね

歌の後に来るフィルのギターは冴えています。
オブリの効いた歌のバックも悪い音のせいかカッコよく聞こえる。

スライドギターの場面もエキサイトしているし、ベースがまたもや全然違うところがカッコイイ

殆ど即興のバンドやったしね~~

手癖も連発やけど、この日のライブは絶対にカッコイイと思う。

こんなにも音が悪いのにギターのサウンドが良く聞こえるって言う事は
ほんまは凄くいい音やったんでしょうね

#3 I'm so purud

歌のバックのギターが歌っていて気持ちよい
なかなかのバックギターですな!

そしてメロメロのギターソロも大阪よりイケてる。

こんなギターソロは大歓迎!ただメジャーからマイナーへ移るところの音の選び方はどうなんやろ?
あんまり好きになれない。

3拍子って魅力的なギターソロが作りやすいからね~

このテイク結構良いですぞ!!

コーラスもバッチリやね

そしてラストで少しフィードバックさせて
ピックで弦をこすって合図を待って

#4 Lady

イントロが始まると、大喝采が巻き起こる。カーマインかな?
えらく高い声でア~~~~~って歌う

やっぱりハードやで!この曲はいつ聞いてもええぞ

そしてギターソロ、水を得た魚のように飛びまくり中を舞い。
これやったら手癖でもOKだな。

2つ目のリフもドラムとベースがどんどん深みに落ちていくような凄い錯覚を起こす。
もうギンギンやな

この日こそオフィシャルで出さなくちゃねェ~~

オーディエンス録音やけど、なにかでサウンドボードって記されているブートがあったけどな
どうなんやろうね?


つづく


ヤフーオークションです。ジェフのブートはいやほどあります。
BBAのブートはあまり外れは無いです。

今日6月7日では、
BBAは6枚出品されています。

東京公演も2種ありますね、一つがパンフレットとチケット レプリカ付き5800円高いな
もひとつが、マスター音源1800円お手ごろ

あとメイプルガーデンBBA1200円これは、気に入っているライヴの1つです。これなら安い

あと2期ベックグループのサウンドボード ヘルシンキが1000円で出品されています。
(これは、超オススメ 安い安いし音は抜群、選曲もサイコー)

興味のある方は、是非!覗いてみてください。
ジェフ ベックかJeff Beckで検索してみてください。↓





今日のリンクは、ホラーです。


テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。